ランボルギーニは新型モデルを夏以降に発表【輸入車ブランドに聞きました2021】

2021.01.25 自動車ニュース
2020年11月20日、東京・六本木のランボルギーニブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」において、「ウラカンSTO」が世界初公開された。
2020年11月20日、東京・六本木のランボルギーニブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」において、「ウラカンSTO」が世界初公開された。拡大

2021年の干支は「丑(うし)」。昨2020年に6モデルを発表したランボルギーニも、エンブレムに“猛牛”を掲げている。その勢いは今年も続くのか。ニューモデルの発表時期や日本への導入スケジュールを、ランボルギーニ・ジャパンに聞いた。

「THE LOUNGE TOKYO」の外観。同施設にはランボルギーニの個人オーダープログラム「アドペルソナム」専用スタジオが完備されており、世界に1台となる自分だけの仕様を発注できる。
「THE LOUNGE TOKYO」の外観。同施設にはランボルギーニの個人オーダープログラム「アドペルソナム」専用スタジオが完備されており、世界に1台となる自分だけの仕様を発注できる。拡大
2020年10月29日、「THE LOUNGE TOKYO」のオープンにあたり、同会場で「アヴェンタドールS」をベースとしたワンオフモデル「アヴェンタドールS“dressed”by Yohji Yamamoto」の実車が初披露された。
2020年10月29日、「THE LOUNGE TOKYO」のオープンにあたり、同会場で「アヴェンタドールS」をベースとしたワンオフモデル「アヴェンタドールS“dressed”by Yohji Yamamoto」の実車が初披露された。拡大
2021年の生産終了が予定されている「アヴェンタドールS」の集大成とされる限定車「アヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディション」。「クーペ」(写真)とオープントップ「ロードスター」の2タイプで、合わせて7台が販売される。
2021年の生産終了が予定されている「アヴェンタドールS」の集大成とされる限定車「アヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディション」。「クーペ」(写真)とオープントップ「ロードスター」の2タイプで、合わせて7台が販売される。拡大
2021年は、1971年に発表された「カウンタック」の、デビュー50周年アニバーサリーイヤーとなる。
2021年は、1971年に発表された「カウンタック」の、デビュー50周年アニバーサリーイヤーとなる。拡大

V12ヘリテージカーのアニバーサリーイヤー

──2020年はランボルギーニ、およびランボルギーニの日本市場にとってどのような一年となりましたか?

昨年は新型コロナウイルス感染症の世界的大流行で、ランボルギーニにとっても困難に立ち向かう年となりましたが、そのなかで新たに「ウラカンEVO RWDクーペ」「ウラカンEVO RWDスパイダー」「シアン ロードスター」「エッセンツァSCV12」「ウラカンSTO」「SC20」という6モデルを発表しました。

世界販売台数は前年度と比べ9%の落ち込みにとどまり7430台、そして日本での販売台数は600台を達成しました。

また、2020年10月末にアメリカ・ニューヨークに続く2拠点目となるブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」を東京・六本木にオープンし、オープニング記念として、日本人デザイナー山本耀司氏による特別デザインの「アヴェンタドールS“dressed”by Yohji Yamamoto」やカプセルコレクションを発表。日本としても大変重要な年になりました。

──現在、お客さまから人気を集めているモデルはどれですか? またオススメしたいモデルは?

2020年11月中旬に発表されたランボルギーニのモータースポーツのDNAがすべて注ぎこまれた公道仕様モデル「ウラカンSTO(Super Trofeo Omologata)」です。デザインはもちろんですが、パフォーマンスでも本物のレーシングカーに劣らない興奮をお届けできるモデルです。

──アナウンスできる範囲で、2021年の新型車の導入スケジュールを教えてください。

2021年は、1月22日に発表した台数7台の日本限定モデル「ランボルギーニ・アヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディション」のほか、夏以降に新たなモデルの発表などを予定しております。

──ファンとユーザー、webCG読者にヒトコトお願いいたします。 

困難に立ち向かう年明けとなり、今年も世界はまた立ち止まることが必要になるかもしれません。ただ、ランボルギーニは轟(とどろき)を止めません。そして今年は、ランボルギーニのエンブレムと同じ丑年。あのV12ヘリテージカーのアニバーサリーイヤーでもあるため、ぜひランボルギーニにご注目ください。

(まとめと編集=webCG櫻井)

関連キーワード:
ウラカン, アヴェンタドール, ランボルギーニ, 輸入車ブランドに聞きました2021, 自動車ニュース

ランボルギーニ ウラカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニの「THE LOUNGE TOKYO」オープニングイベントの会場から 2020.10.29 画像・写真 ランボルギーニが2020年10月29日、東京・六本木にブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」をオープン。そのオープニングイベントの様子と、同日に初披露された「アヴェンタドールS“dressed”by Yohji Yamamoto」の姿を写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカンSTO 2020.11.20 画像・写真 ランボルギーニ・ジャパンは2020年11月20日、東京・六本木のブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」において、「ウラカンSTO(Super Trofeo Omologata)」を世界初公開。レーシングマシンをモチーフにしたという市販ロードカーの姿を写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(MR/7AT)【試乗記】 2020.8.12 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカンEVO」に追加設定された後輪駆動モデル「RWD」に試乗。フロントの駆動機構や後輪操舵システムを取り外し軽量化された、イタリアンスーパーカーの伝統ともいえるミドシップ+後輪駆動の走りやいかに?
  • 第124回:買い物には言い訳が必要だ 2019.2.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第124回は「買い物には言い訳が必要だ」。プラグインハイブリッドシステムを搭載する「BMW i8」、その中古車価格に驚きの事実が! 3気筒エンジンを積む新世代スーパーカーは、カーマニアにどう映る?
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.4 試乗記 ポルシェのラージサイズSUV「カイエン」に、“走りが身上”の上級グレード「GTS」が登場。専用の4リッターV8ターボエンジンとシャシーチューンの組み合わせは、いかな走りを見せるのか? 他のグレードにはないGTSならではの魅力に迫った。
ホームへ戻る