「シトロエン・ベルランゴ」に新たなボディーカラーが追加設定

2021.02.01 自動車ニュース
「シトロエン・ベルランゴ シャイン」。ボディーカラーは新色の「ディープブルー」。
「シトロエン・ベルランゴ シャイン」。ボディーカラーは新色の「ディープブルー」。拡大

グループPSAジャパンは2021年2月1日、シトロエンブランドのマルチパーパスビークル「ベルランゴ」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

こちらのボディーカラーは「メタリックコッパー」。
こちらのボディーカラーは「メタリックコッパー」。拡大
新たにカタログモデルとなった「シャインXTRパック」。
新たにカタログモデルとなった「シャインXTRパック」。拡大
 
「シトロエン・ベルランゴ」に新たなボディーカラーが追加設定の画像拡大

今回はボディーカラーの設定を変更。従来の「アクアグリーン」に代えて、シックなメタリック系カラーの「ディープブルー」および「メタリックコッパー」を新たにラインナップ。既存の「ブランバンキーズ」「サーブル」と合わせて全4色展開とした(新色が選べるのは「シャイン」グレードのみ)。

ベルランゴのカタログモデルとしての国内導入を記念して設定された特別仕様車「シャインXTRパック」は、好評につき新たにレギュラーモデルに昇格。「フィール」「シャイン」と合わせて、今後は全3グレード展開で販売される。また、「フィール」にはブラインドスポットモニターが標準装備となっている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • フィール:317万円
  • シャイン:344万円
  • シャインXTRパック:354万円

(webCG)

関連キーワード:
ベルランゴ, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン ベルランゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエン・ベルランゴ フィール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.16 試乗記 先行導入された特別仕様車「デビューエディション」があっという間に売り切れた「シトロエン・ベルランゴ」が、ついにカタログモデルとして正式に上陸。エントリーグレード「フィール」を連れ出し、フレンチMPVのニューフェイスが秘める“素”の魅力を探った。
  • 「シトロエン・ベルランゴ」に新たなボディーカラーが追加設定 2021.2.1 自動車ニュース グループPSAジャパンは2021年2月1日、シトロエンブランドのマルチパーパスビークル「ベルランゴ」の一部仕様を変更し、販売を開始した。ボディーカラーの設定を変更したほか、特別仕様車「シャインXTRパック」をレギュラーモデルとしている。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • プジョーe-2008アリュール(FWD)【試乗記】 2021.2.3 試乗記 「クルマは道がつくる」という言葉があるが、日本の場合はどうだろうか。フランス発の100%電気自動車「プジョーe-2008」で200kmばかり走ってみたところ、インフラ側のさまざまな課題が見えてきた。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
ホームへ戻る