シトロエンの新型MPV「ベルランゴ」登場 2020年第3四半期の正式導入に先立ち「デビューエディション」発売

2019.10.18 自動車ニュース
シトロエン・ベルランゴ
シトロエン・ベルランゴ拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年10月18日、シトロエンブランドの新型MPV「BERLINGO(ベルランゴ)」を2020年の第3四半期に導入すると発表した。

スライドドアが採用される「ベルランゴ」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4403×1848×1844mm、ホイールベースは2785mm。
スライドドアが採用される「ベルランゴ」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4403×1848×1844mm、ホイールベースは2785mm。拡大
「ベルランゴ」のインストゥルメントパネル。特別仕様車「デビューエディション」は、Apple CarPlayやAndroid Autoのスマートフォン接続機能を有するインフォテインメントシステムを搭載。
「ベルランゴ」のインストゥルメントパネル。特別仕様車「デビューエディション」は、Apple CarPlayやAndroid Autoのスマートフォン接続機能を有するインフォテインメントシステムを搭載。拡大
リアシートは、3座独立タイプ。多彩なシートアレンジが可能だ。
リアシートは、3座独立タイプ。多彩なシートアレンジが可能だ。拡大
リアゲートのガラスハッチは、独立して開閉が可能。
リアゲートのガラスハッチは、独立して開閉が可能。拡大
リアシート頭上部分に容量約60リッターの収納スペースが設置されている。
リアシート頭上部分に容量約60リッターの収納スペースが設置されている。拡大
正式導入に先立ち販売される特別仕様車「デビューエディション」は、サーブル」「アクアグリーン」「ブランバンキーズ」の3色のボディーカラーがラインナップされる。
正式導入に先立ち販売される特別仕様車「デビューエディション」は、サーブル」「アクアグリーン」「ブランバンキーズ」の3色のボディーカラーがラインナップされる。拡大

同社ではベルランゴの正式導入に先立ち、特別仕様車「デビューエディション」を設定。2019年10月19日午前9時に、同車のオンライン予約受け付けを開始する。

ベルランゴは、シトロエンが新カテゴリーMPV(マルチ・パーパス・ビークル)と位置付けるモデルで、同時に日本導入が発表された「プジョー・リフター」の姉妹車にあたる。ベルランゴおよびリフターが日本に正規導入されるのは今回が初めてだが、欧州市場では初代モデルが1996年にデビューして以来、トータルで330万台を超える販売を記録しているという。

発売されるのは、2018年3月のジュネーブモーターショーで発表された3代目となるモデル。最新のシトロエン車に共通するフロントフェイスとボクシーなフォルムが特徴的なベルランゴのボディーサイズは、全長×全幅×全高=4403×1848×1844mmで、ホイールベースは2785mm。シトロエンブランドのフラッグシップSUV「C5エアクロスSUV」に近いサイズ感である。

荷室容量は5名乗車時で597リッター(トノカバー下部分)、リアシートを倒した最大積載状態では2126リッターを誇る(容量はVDA欧州参考値)。スライドドアや3座独立リアシート、モデュトップと呼ばれるマルチファンクションルーフ、独立して開閉可能なリアガラスハッチ、後席およびリアゲート側の両方からアクセス可能な容量約60リッターのリアシート頭上に配置されたシーリングボックス、ダッシュボードまわりの多彩な収納スペースなど、MPVの呼び名にふさわしい機能と実用性が盛り込まれている。

搭載されるエンジンは最高出力130PS、最大トルク300N・mの1.5リッター直4ディーゼルターボで、アイシン・エィ・ダブリュ製の8段ATと組み合わされる。

先進運転支援機能(ADAS)と安全装備の充実も、ベルランゴのセリングポイント。アクティブクルーズコントロール(30~180km/hで作動。ストップ機能付き)やアクティブセーフティーブレーキ(車両および歩行者検知機能付き)、レーンキープアシスト、パークアシスト、ブラインドスポットモニター、インテリジェントハイビーム(ハイ/ロービーム自動切り替え)、トラフィックサインインフォメーション、フロント&バックソナー/トップリアビジョン(車両後方および俯瞰<ふかん>映像表示)、ドライバーアテンションアラート(車線に対するふらつきを検知し警告を行う)などを標準装備している。

正式導入に先立ち販売される特別仕様車デビューエディションは、Apple CarPlayやAndroid Autoのスマートフォン接続機能を有するインフォテインメントシステムを搭載。ボディーカラーは「サーブル」「アクアグリーン」「ブランバンキーズ」の3色をラインナップする。価格は325万円。デリバリーは2020年1月以降、順次行われる。

(webCG)

関連キーワード:
ベルランゴ, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン ベルランゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエン・ベルランゴ フィール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.16 試乗記 先行導入された特別仕様車「デビューエディション」があっという間に売り切れた「シトロエン・ベルランゴ」が、ついにカタログモデルとして正式に上陸。エントリーグレード「フィール」を連れ出し、フレンチMPVのニューフェイスが秘める“素”の魅力を探った。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • 「シトロエン・ベルランゴ」に新たなボディーカラーが追加設定 2021.2.1 自動車ニュース グループPSAジャパンは2021年2月1日、シトロエンブランドのマルチパーパスビークル「ベルランゴ」の一部仕様を変更し、販売を開始した。ボディーカラーの設定を変更したほか、特別仕様車「シャインXTRパック」をレギュラーモデルとしている。
ホームへ戻る