新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の注文受け付けスタート 2021年半ばに導入

2021.02.09 自動車ニュース
新型フォルクスワーゲン・ゴルフ(日本仕様は右ハンドル)
新型フォルクスワーゲン・ゴルフ(日本仕様は右ハンドル)拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年2月9日、同年半ばに正式発売を予定している新型「ゴルフ」の先行注文受け付けを開始した。導入開始時は、48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載した3モデルをラインナップする。

48V電源システムとベルト駆動式スタータージェネレーター、48Vリチウムイオンバッテリーによるマイルドハイブリッドパワートレイン「eTSI」を搭載。
48V電源システムとベルト駆動式スタータージェネレーター、48Vリチウムイオンバッテリーによるマイルドハイブリッドパワートレイン「eTSI」を搭載。拡大
液晶メーターやタッチパネル式のディスプレイなどが採用されたインテリア。バイワイヤ式のシフトレバーを採用している。
液晶メーターやタッチパネル式のディスプレイなどが採用されたインテリア。バイワイヤ式のシフトレバーを採用している。拡大
10.25インチ液晶ディスプレイを用いたデジタルメータークラスター「デジタルコックピットプロ」を搭載。
10.25インチ液晶ディスプレイを用いたデジタルメータークラスター「デジタルコックピットプロ」を搭載。拡大

新型ゴルフは、2019年10月に本国で発表された8代目。「デジタル化」「電動化」「運転支援システム」において大幅な進化を遂げたという。

デジタル化については10.25インチ液晶ディスプレイを用いたデジタルメータークラスター「デジタルコックピットプロ」を全車に標準装備し、最新世代のデジタルインターフェースを採用。電動化ではフォルクスワーゲン初となる48Vマイルドハイブリッドシステムの搭載がトピックだ。運転支援システムではドライバーが運転中に意識を失うなど万が一の事態が発生しても安全に車両を停止させる緊急時停車支援システム「エマージェンシーアシスト」といったフォルクスワーゲン初となる最新テクノロジーの採用がアナウンスされている。

日本に導入されるのは、1リッターエンジンに48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた「eTSIアクティブ」と1.5リッターエンジン+マイルドハイブリッドの「eTSIスタイル」「eTSI Rライン」の3グレード。ボディーカラーは新色の「ライムイエローメタリック」を含む全8色から選択できる。

2021年3月末までの予約分にはオプション費用5万円分のサポートを実施。さらに現在所有する車両が同年4月末までに車検を迎える場合は買い替えを前提として、車検費用10万円を提供するキャンペーンも実施するという。

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ 2021.6.15 画像・写真 8代目となる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がついに日本上陸! デザインが刷新されただけでなく、装備のデジタル化やパワートレインの電動化が推し進められるなど、中身も先代モデルから飛躍的な進化を遂げている。その姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.6 試乗記 8代目に進化した「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のベーシックモデル「eTSIアクティブ」に試乗。ボディーデザインやシャシーの進化に加え、パワートレインの電動化とADASを含むデジタルデバイスの強化も注目のポイントである。果たしてその仕上がりやいかに。
  • 何がライバルと違うのか? 「ゴルフ」が“基準のクルマ”とされるワケ 2021.7.12 デイリーコラム 1974年の初代誕生以来、FFハッチバック車のお手本とされてきた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。同カテゴリーの元祖でもないのに、かくも高く評価されているのはなぜか? その決定的なポイントについてリポートする。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
ホームへ戻る