アウディのフラッグシップEV「e-tron GT」がデビュー 高性能なRSモデルもラインナップ

2021.02.10 自動車ニュース
アウディe-tron GTクワトロ
アウディe-tron GTクワトロ拡大

独アウディは2021年2月9日(現地時間)、100%電気自動車(EV)の4ドアクーペ「e-tron GTクワトロ」「RS e-tron GT」を世界初公開した。

RS e-tron GT(以下、写真はすべて「RS e-tron GT」のもの)
RS e-tron GT(以下、写真はすべて「RS e-tron GT」のもの)拡大
 
アウディのフラッグシップEV「e-tron GT」がデビュー 高性能なRSモデルもラインナップの画像拡大
 
アウディのフラッグシップEV「e-tron GT」がデビュー 高性能なRSモデルもラインナップの画像拡大
 
アウディのフラッグシップEV「e-tron GT」がデビュー 高性能なRSモデルもラインナップの画像拡大
 
アウディのフラッグシップEV「e-tron GT」がデビュー 高性能なRSモデルもラインナップの画像拡大

RSの0-100km/h加速は3.3秒

e-tron GTクワトロは、アウディのフラッグシップEVと位置づけられるニューモデル。さらに、その高性能バージョンであるRS e-tron GTもラインナップされる。

今回公表されたボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4.99×1.96×1.41mで、ホイールベースは2.90m。ボディーパネルはアルミ製で、アンダーボディーはフルフラットになっており、空気抵抗係数(Cd)値0.24という優れた空力性能を実現している。

一方内装は、インテリアトリムやシート地に多くのリサイクル素材を採用。“モノポスト”デザインのインストゥルメントパネルが特徴とされる。

両モデルとも駆動方式は4WDで、前後アクスルそれぞれに1つずつ、計2つの永久励磁同期モーターが搭載される。リアには2段のトランスミッションも備わる。

アウトプットは、e-tron GTクワトロが最高出力476PS(ローンチコントロール使用時530PS)で、最大トルク630N・m。RS e-tron GTは同598PS(同646PS)、同830N・mとなっている。0-100km/hの加速タイムは前者が4.1秒で後者が3.3秒。最高速はそれぞれ245km/hと250km/hだ。

EVゆえにエキゾーストノートを響かせることはないものの、車外と車内のスピーカーから音を出す「e-tronスポーツサウンド」(オプション。RS e-tron GTには標準装備)を選択すると、モーターの回転速度と負荷、車速などのデータに基づいてデジタルサウンドが生成され、ドライバーの気分を盛り上げる。

そのほか、e-tron GTクワトロではオプション、RS e-tron GTのみ標準になる装備としては、電子制御式リアアクスルディファレンシャルロック、 3チャンバー式アダプティブエアサスペンション、タングステンカーバイドコーティングを施したブレーキディスクなどが挙げられる。オールホイールステアリング(4輪操舵機構)やカーボンファイバーセラミック製ブレーキディスクは、両モデルともオプション扱いとなる。

一充電あたりの航続距離については、欧州WLTPモードで最大487kmという。270kWの高速充電にも対応しており、これを利用した場合、5分間の充電で約100kmの走行が可能になる。 

e-tron GTクワトロおよびRS e-tron GTの受注は、2021年2月に開始される。

(webCG)

関連キーワード:
e-tron GT, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る