月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」は永遠のベンチマークなのか?

2021.02.22 From Our Staff
初代フォルクスワーゲン・ゴルフ
初代フォルクスワーゲン・ゴルフ拡大

『webCG』執筆陣によるコラムや月間アクセスランキング、読者アンケートなど、さまざまなコンテンツを通して自動車業界の1カ月を振り返る『月刊webCG通信』。3月号では「ハッチバック車のベンチマーク」こと「フォルクスワーゲン・ゴルフ」について、読者の皆さまのご意見を大募集いたします!

それでは早速、来月号の内容をご紹介します。

------------------------------------

新型「ポルシェ911 GT3」。フロントに市販の911としては初めてダブルウイッシュボーン式サスペンションを採用した。
新型「ポルシェ911 GT3」。フロントに市販の911としては初めてダブルウイッシュボーン式サスペンションを採用した。拡大
新型「ホンダ・ヴェゼル」。ボディー同色のフロントグリルで個性的な姿に生まれ変わった。
新型「ホンダ・ヴェゼル」。ボディー同色のフロントグリルで個性的な姿に生まれ変わった。拡大
マツダ初の100%電気自動車(EV)「MX-30 EVモデル」。2月の『webCG』にはピュアEVの試乗記が4本掲載された。
マツダ初の100%電気自動車(EV)「MX-30 EVモデル」。2月の『webCG』にはピュアEVの試乗記が4本掲載された。拡大

【今月の“私的”ビッグニュース】
自動車業界で幅広く活躍するジャーナリストやライターに、このひと月で特に印象に残ったエピソードを紹介してもらうこのコーナー。今月は試乗記やコラムなどでおなじみの自動車ライター、生方 聡さんが登場します。以前にこのコーナーで電気自動車(EV)の「eゴルフ」をマイカーにしたことを報告した生方さん。自宅に充電器を持たないEV生活の実情を語ります。

【webCG月間アクセスランキング】
webCGのメインコンテンツである「試乗記」と「ニュース」のランキングを通して、自動車業界の動向をおさらいします。

先月末から沸き起こったニューモデルラッシュがこの2月も止まりません。「マツダMX-30」の「EVモデル」が発売されたほか、「メルセデス・ベンツSクラス」や「ルノー・キャプチャー」の新型が日本上陸。さらには「ポルシェ911 GT3」や「三菱アウトランダー」の新型がお披露目されるなど、まさに百花繚乱(りょうらん)状態。そして月の後半を迎えたところで姿を見せたのは新型「ホンダ・ヴェゼル」! 注目度ナンバーワンは果たして?

一方の試乗記部門には、「ホンダ・シビック タイプR」や「アウディA1シティーカーバー」といった人気モデルが登場。そこに発売されたばかりのマツダMX-30 EVモデルやプジョーの「e-208」&「e-2008」、さらに「DS 3クロスバックE-TENSE」と4台の電気自動車が立ちはだかります。アクセスランキングはしびれる激戦の予感です(電気だけに、ベタですが)。

8代目フォルクスワーゲン・ゴルフ
8代目フォルクスワーゲン・ゴルフ拡大

【読者アンケートの広場】
いよいよ国内でも新型となる8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の先行注文受け付けが始まりました。

フルモデルチェンジは約7年ぶり。ということは次の「ゴルフ9」の登場は2027~2028年ごろということになるわけですが、昨今のSUVブームに加えて、着々と進むクルマの電動化。そして欧州各国がエンジン車の販売を禁止する時代は目前……。果たして「ハッチバック車のベンチマーク」は安泰なのでしょうか!? 投票の結果は3月1日配信のメールマガジンでお知らせします。ページ下段のアンケートフォームから、ぜひご投票&ご意見をお寄せください。

あなたにおすすめの記事
新着記事