「プジョー208/e-208」の一部仕様変更 ガソリンエンジン車は燃費が向上

2021.02.24 自動車ニュース
プジョー208 GT
プジョー208 GT拡大

グループPSAジャパンは2021年2月24日、プジョーのコンパクトカー「208」「e-208」の一部グレードについて、グレード名や装備を変更したと発表。同日、販売を開始した。

208アリュール
208アリュール拡大
208スタイル
208スタイル拡大

今回、商品改良によりガソリンエンジンモデルのWLTCモード燃費が5%向上した(17.0km/リッター→17.9km/リッター)。

さらに、「GTライン」と呼ばれていた最上級グレードの名称は「GT」に変更。これに合わせて車体各部に配置されたエンブレムのロゴも「GT」となり、前席のシートヒーターが追加された。また「208 GT」に限り、ダークグレーの17インチアロイホイールが装着されている(「e-208 GT」は従来の「e-208 GTライン」のものと同じ)。

「208アリュール」「e-208アリュール」については装備の変更はなく、ベーシックグレード「208スタイル」はLEDのヘッドランプとグレーの16インチアロイホイールが新たに採用された。

ラインナップと価格は以下の通り。

【208】

  • スタイル:249万9000円
  • アリュール:262万9000円
  • GT:299万円

【e-208】

  • アリュール:389万9000円
  • GT:426万円

(webCG)

関連キーワード:
208, e-208, プジョー, 自動車ニュース