特別なブルーをまとう「MINIクロスオーバー」の限定車「ボードウォークエディション」発売

2021.03.02 自動車ニュース
MINIクロスオーバー ボードウォークエディション
MINIクロスオーバー ボードウォークエディション拡大

BMWジャパンは2021年3月2日、「MINIクロスオーバー」の特別仕様車「Boardwalk Edition(ボードウォークエディション)」を200台の台数限定で発売した。デリバリーの開始時期は、同年3月末以降になる見込み。

 
特別なブルーをまとう「MINIクロスオーバー」の限定車「ボードウォークエディション」発売の画像拡大
 
特別なブルーをまとう「MINIクロスオーバー」の限定車「ボードウォークエディション」発売の画像拡大
 
特別なブルーをまとう「MINIクロスオーバー」の限定車「ボードウォークエディション」発売の画像拡大
 
特別なブルーをまとう「MINIクロスオーバー」の限定車「ボードウォークエディション」発売の画像拡大
 
特別なブルーをまとう「MINIクロスオーバー」の限定車「ボードウォークエディション」発売の画像拡大

MINIクロスオーバー ボードウォークエディションは、ディーゼルモデル「MINIクーパーDクロスオーバー」がベースの限定車。ボードとパドルを使って水上を進むSUP(スタンドアップパドル)がコミュニケーションアクティビティーとして設定されており、主に水辺で見られるボードウォーク(板張り)をモチーフとしたアイテムでドレスアップされている。

エクステリアは、MINIクロスオーバーで初採用となる「ディープ・ラグナ・ブルー・メタリック」のボディーカラーが特徴。さらに、「18インチブラックホイール」や「ブラックルーフレール」、「ピアノブラックエクステリア」、「BOARDWALK専用ルーフステッカー」などで力強くスタイリッシュなイメージが演出されている。

内装は、「BOARDWALK専用ステッカー付きインテリアサーフェス ピアノブラック」と「専用シートクロス/レザレットブラックパール」、「マルチディスプレイメーターパネル」、「BOARDWALK専用ドアシルプレート」などで飾られる。

ストップ&ゴー機能付きアクティブクルーズコントロール、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ、パーキングアシストといった安全装備の充実もセリングポイントのひとつとなっている。

MINIクロスオーバー ボードウォークエディション専用の装備と、それ以外の主な装備は以下の通り。

【専用装備】

  • 限定ボディーカラー:ディープ・ラグナ・ブルー・メタリック
  • 限定クロス/レザレットシートブラックパール(スポーツシート)
  • 専用サイドスカットル
  • 専用エクステリアステッカー
  • 専用ドアシルプレート
  • 専用インテリアステッカー付きインテリアサーフェス ピアノブラック
  • ブラックルーフ&ミラーキャップ
  • ピアノブラックエクステリア
  • ブラックルーフレール&サイドシルフィニッシャー

【主要装備】

  • ブラックルーフ&ミラーキャップ
  • 18インチピンスポークブラックホイール
  • マルチディスプレイメーターパネル
  • シートヒーター(前席)
  • リアビューカメラ
  • PDC(パークディスタンスコントロール)フロント&リア
  • パーキングアシスト、
  • MINIドライビングモード
  • MINIヘッドアップディスプレイ
  • スマートフォンインテグレーション
  • ワイヤレスパッケージ

価格は495万円。

(webCG)

関連キーワード:
MINIクロスオーバー, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーSDクロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.30 試乗記 「MINIクロスオーバー」のマイナーチェンジモデルが上陸。アップデートされた内外装や欧州の新しい排ガス基準に対応した改良型ディーゼルユニット、そして熟成されたシャシーの出来栄えを確かめるため、ロングドライブに連れ出した。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2021.4.5 試乗記 すっかり大きくなったMINIシリーズのなかでも一番大きいのが「MINIクロスオーバー」だ。ラインナップで唯一のプラグインハイブリッド(PHEV)モデル「クーパーS EクロスオーバーALL4」に試乗し、最新モデルの仕上がりを試した。
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
  • マツダMX-30 EVモデル ハイエストセット(FWD)【試乗記】 2021.4.7 試乗記 新型クロスオーバー「マツダMX-30」のラインナップ中、本命と目されるEVバージョンの販売がスタート。早速ステアリングを握った清水草一は、その走りを「EVの中では世界一」と評価する。だが、しかし……!
  • マツダMX-30 EVモデル ハイエストセット(前編) 2021.4.15 谷口信輝の新車試乗 個性派クロスオーバー「マツダMX-30」に、電気自動車(EV)バージョン、その名も「EVモデル」が登場。EVに対して高い関心を寄せるレーシングドライバー谷口信輝は、その仕上がりをどのように評価する?
ホームへ戻る