またも欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞! 「トヨタ・ヤリス」がヨーロッパで絶好調な理由

2021.03.15 デイリーコラム

販売台数でもナンバーワンに

2021年3月1日、「トヨタ・ヤリス」がヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー(欧州COTY)2021に選ばれた。

今回ノミネートされたのは29車種。上位5車の獲得点は以下のとおりだ。

トヨタ・ヤリス……266点
新型フィアット500……240点
クプラ・フォルメントール……239点
フォルクスワーゲンID.3……224点
シュコダ・オクタヴィア……199点

国別でみると、欧州仕様ヤリスの生産国であるフランスのほか、ハンガリー、ポーランド、トルコで最高点を獲得していた。

ヤリスとしては、2000年の初代以来2度目の受賞である。欧州COTYの歴代受賞車を振り返ると、「フィアット500」(2008年)のように、後にロングセラーとなった人気車種と、「オペル・アンペラ/シボレー・ボルト」(2012年)のように、意欲的ではあったものの市場での評価は限定的だった車種が入り交じっている。

今回受賞した4代目ヤリスは、欧州において前者である。しかも人気の立ち上がりが早い。筆者が住むイタリアでは2020年11月、国内新車登録台数で「フィアット・パンダ」に次ぐ2位となって注目を浴びた。2021年1-2月の新車登録台数も8082台を記録し、順位を維持している。1位パンダの2万5702台とはいまだ3倍近い開きがあるものの、定番車種「ランチア・イプシロン」「シトロエンC3」を抑えているかたちだ(データ出典:ANFIA)。

欧州全体で見ると、もっと驚くべき数字を達成していた。2021年1月のEU圏内販売台数で、ヤリスは「プジョー208」「ダチア・サンデロ」を超えて、なんと1位(1万8094台)に躍り出ている(出典:ACEA)。

トヨタ・ヤリス欧州仕様
トヨタ・ヤリス欧州仕様拡大
イタリアにおける販売価格は1万3800ユーロ(約178万円。付加価値税込・環境対応車両補助金適用後)から。
イタリアにおける販売価格は1万3800ユーロ(約178万円。付加価値税込・環境対応車両補助金適用後)から。拡大
トヨタ ヤリス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
  • トヨタ・ヤリス 2019.10.16 画像・写真 国内では「ヴィッツ」の名で販売されてきた、トヨタのコンパクトハッチバック「ヤリス」がフルモデルチェンジ。2020年2月の発売を前に世界初公開された新型の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る