マットグレーの外装色でレーシーに仕立てた特別仕様車「アバルト595モメント」登場

2021.03.10 自動車ニュース
アバルト595モメント
アバルト595モメント拡大

FCAジャパンは2021年3月9日、「アバルト595コンペティツィオーネ」をベースとした限定車「アバルト595 Momento(モメント)」を設定し、販売を開始した。限定台数は80台。

「アバルト595モメント」のインテリア。カーボンインストゥルメントパネルが採用されている。
「アバルト595モメント」のインテリア。カーボンインストゥルメントパネルが採用されている。拡大
サベルト製スポーツシートとイエローシートベルトを特別装備している。
サベルト製スポーツシートとイエローシートベルトを特別装備している。拡大
12本スポークの専用17インチアルミホイールや、イエロー仕上げのブレンボ製4ポッドブレーキキャリパーで足まわりが強化される。
12本スポークの専用17インチアルミホイールや、イエロー仕上げのブレンボ製4ポッドブレーキキャリパーで足まわりが強化される。拡大

今回登場したアバルト595モメントは、ベースモデルの「595コンペティツィオーネ」と同じく最高出力180PSの1.4リッター直4ターボエンジンを搭載している。エクステリアでは通常設定のない「Grigio Opaco」(マットグレー)のボディーカラーやカーボン製のドアミラーカバー、リップスポイラーなどの採用が特徴となる。

インテリアはカーボンインストゥルメントパネルや専用ファブリックを用いたサベルト製スポーツシート、イエローシートベルトなどでレーシーな雰囲気に仕立てられている。

足まわりについては、イエローのセンターハブキャップが備わる12本スポークデザインの専用17インチアルミホイール、同じくイエロー仕上げのブレンボ製4ポッドブレーキキャリパーを装備。さらに、究極のアバルトと称される2シーターの「695ビポスト」にも採用されたメカニカルLSDを組み込んでいる。

トランスミッションは5段MTで、右ハンドル仕様が31台、左ハンドル仕様が49台導入される。価格はいずれも412万円。

(webCG)

関連キーワード:
595, アバルト, 自動車ニュース

アバルト 595 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フィアット500/500C」に新グレード登場 内外装をリフレッシュ 2021.5.25 自動車ニュース FCAジャパンは2021年5月25日、フィアットのコンパクトカー「500/500C」に新グレード「Cult(カルト)」ならびに「Dolcevita(ドルチェヴィータ)」を設定し、同年6月5日に発売すると発表した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.22 試乗記 フォルクスワーゲンの正統派SUV「ティグアン」がマイナーチェンジ。導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」に試乗し、新エンジン「1.5 TSI Evo」や最新世代に移行した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • スバルが「フォレスター」を大幅改良 新世代の「アイサイト」を搭載 2021.6.14 自動車ニュース スバルは2021年6月14日、「フォレスター」の大幅改良モデル(日本仕様)を初公開し、先行予約注文受け付けを開始した。正式発表は同年8月の予定。フロントマスクなどに新デザインを採用したほか、全モデルで足まわりのセッティングを変更している。
ホームへ戻る