自動車ブランドのエンブレムが続々とリニューアル そこにはどんなワケがある?

2021.03.12 デイリーコラム

まさに同時多発的

つい先ごろ、2021年の2月末、あのライオンのエンブレムが変更されたという一報が耳に入ってきた。『webCG』でライオンマークといったらプジョーのライオンに決まってる。歯磨き粉のあそこじゃない。ベルフォールのライオンだ。

自動車界ではこのところ、ブランドエンブレム(マーク)のリニューアルが続いている。2018年のMINIにはじまり、2019年のフォルクスワーゲン、2020年のBMW、日産、そして2021年のプジョー。メジャーブランドの“顔”だけに、その気合とかけるコストは半端ではない。ま、そりゃそうだ。エンブレムはつくり手としての絶対的なシンボルマーク。その変更は、発信者が自らの理念や独自性を社会に向けて、あらためて強くアピールできる絶好のチャンスでもあるからだ。

でも、続いているのはたまたまか? どうもそうじゃないようにも思える。それら一連のリニューアルには、共通するひと筋の“流れ”があるようなのだ。そんなことを考えながら、5つのブランドそれぞれの“言い分”を順にチェックしつつ、ブランドエンブレムの意匠変更についてまとめてみました。

MINI:記号としての機能を追求

2018年3月に行われたMINIのエンブレム変更。キーワードは「reduced design(縮小デザイン)」だ。2001年のブランドリニューアル以降に使われていた立体的な描写を、今日で言うところの「フラットデザイン」に改めている。

フラットデザインとは、立体的に見えるファクターを可能なかぎり取り除き、なるべくシンプルな構成でつくられたデザインのこと。……もっとフラットに言おう(笑)。「立体感がなく平面的でシンプルなデザイン」のことだ(対義語はリッチデザイン)。例として、iPhoneのホーム画面のアイコンを挙げれば分かりやすいかもしれない。

「MINI」の欧文をホイールを思わせる円で囲み、その円を両翼で飾った伝統的なモチーフ……それは、ローバーグループからBMWグループへと移行したタイミングでもそのまま引き継がれる。しかしブリティッシュグリーンがあしらわれたローバー時代のエンブレムはその後、BMWがMINIの生産に乗り出した2001年にモノトーンのエンブレムに変更された。ディテールもぐっとシャープになってモダナイズされたのだ。読者のみなさんもたぶん、このころのイメージが強いのではないか。

そして最新のエンブレムは、2001~2018年の旧タイプデザインを基本的に踏襲している。よりシンプルに、記号として明快に機能するためのマイナーチェンジという印象だ。陰影とグレーが完全に省かれ、意味よりも使いやすさを優先させた縮小デザインになった。

webCGのメニュー画面に見られる、各自動車ブランドのエンブレム。写真はその一部だが、工夫を凝らしたそれぞれの紋章には、メーカーのさまざまな思いが込められている。
webCGのメニュー画面に見られる、各自動車ブランドのエンブレム。写真はその一部だが、工夫を凝らしたそれぞれの紋章には、メーカーのさまざまな思いが込められている。拡大
極めてシンプルな線で構成されたMINIの新エンブレム。認識のされやすさという点では、たしかに歴代ナンバーワンかもしれない。
極めてシンプルな線で構成されたMINIの新エンブレム。認識のされやすさという点では、たしかに歴代ナンバーワンかもしれない。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事