主催者テーマ展示に「ダットサン・ブルーバード1600SSS」を含む6台の国産ラリーカーを追加【オートモビル カウンシル2021】

2021.03.26 自動車ニュース
ダットサン・ブルーバード1600SSS(1970年)
ダットサン・ブルーバード1600SSS(1970年)拡大

AUTOMOBILE COUNCIL 2021(オートモビル カウンシル2021)実行委員会は2021年3月26日、同年4月9日~11日に千葉・幕張メッセで開催されるオートモビル カウンシル2021の主催者テーマ展示「時代を進めたラリーカーの戦闘美」の追加出展車両を発表した。

ダットサン240Z(1972年)
ダットサン240Z(1972年)拡大
ダットサン・バイオレットGT(1982年)
ダットサン・バイオレットGT(1982年)拡大
ニッサン240RS(1982年)
ニッサン240RS(1982年)拡大
スバル・インプレッサ555 WRC(1998年)
スバル・インプレッサ555 WRC(1998年)拡大
スバル・インプレッサWRC(2008年)
スバル・インプレッサWRC(2008年)拡大

今回新たに出展が発表されたのは、1970年の「ダットサン・ブルーバード1600SSS」や1972年の「ダットサン240Z」、1998年の「スバル・インプレッサ555 WRC」など、日産とスバルの計6台。

ブルーバード1600SSSは、スタート8時間後から激しい雨に見舞われ最悪のコンディションとなった1970年の東アフリカ・サファリラリーで総合1、2、4位に輝き、クラス/チームの3冠完全制覇を日本車として初めて達成するなど、栄光の歴史に彩られたモデル。今回展示されるのは、総距離5432km、全区間を通じてのアベレージが98.7km/hを記録するほどの過酷なサファリラリーを制したウイニングカーそのものである。

「時代を進めたラリーカーの戦闘美」の追加出展車両は以下の通り。

  • ダットサン・ブルーバード1600SSS(1970年)
  • ダットサン240Z(1972年)
  • ダットサン・バイオレットGT(1982年)
  • ニッサン240RS(1982年)
  • スバル・インプレッサ555WRC(1998年)
  • スバル・インプレッサWRC(2008年)

(webCG)

関連キーワード:
インプレッサ, スバル, オートモビル カウンシル2021, 自動車ニュース

スバル インプレッサ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIエレガンス アドバンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.4.13 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」のマイナーチェンジモデルが上陸。セダンの最上級グレード「TDIエレガンス アドバンス」に試乗し、アップデートされたパワートレインや新世代インフォテインメントシステム、さらに進化した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.16 試乗記 プジョーの好調を支える3列シートSUV「5008」がマイナーチェンジを受けた。激変ぶりがひと目で分かるのはフロントからの眺めだが、中身は一体どんな進化を遂げているのだろうか。2リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
  • 新型スバルBRZ(その1) 2021.4.5 画像・写真 2020年秋に世界初公開された新型「スバルBRZ」。その日本仕様がついにお披露目された。より低い位置に配されたフロントグリルや、新しい形状のフロントフェンダーなどによって力強さを増した新型BRZの実車を、写真で紹介する。
  • スバル・アウトバック ウィルダネス 2021.3.31 画像・写真 スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表。「アウトバック」をベースに最低地上高を拡大したほか、専用サスペンションやオールテレインタイヤを装備。走破性と機能性をさらに強化したというニューモデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る