主催者テーマ展示に「ダットサン・ブルーバード1600SSS」を含む6台の国産ラリーカーを追加【オートモビル カウンシル2021】

2021.03.26 自動車ニュース
ダットサン・ブルーバード1600SSS(1970年)
ダットサン・ブルーバード1600SSS(1970年)拡大

AUTOMOBILE COUNCIL 2021(オートモビル カウンシル2021)実行委員会は2021年3月26日、同年4月9日~11日に千葉・幕張メッセで開催されるオートモビル カウンシル2021の主催者テーマ展示「時代を進めたラリーカーの戦闘美」の追加出展車両を発表した。

ダットサン240Z(1972年)
ダットサン240Z(1972年)拡大
ダットサン・バイオレットGT(1982年)
ダットサン・バイオレットGT(1982年)拡大
ニッサン240RS(1982年)
ニッサン240RS(1982年)拡大
スバル・インプレッサ555 WRC(1998年)
スバル・インプレッサ555 WRC(1998年)拡大
スバル・インプレッサWRC(2008年)
スバル・インプレッサWRC(2008年)拡大

今回新たに出展が発表されたのは、1970年の「ダットサン・ブルーバード1600SSS」や1972年の「ダットサン240Z」、1998年の「スバル・インプレッサ555 WRC」など、日産とスバルの計6台。

ブルーバード1600SSSは、スタート8時間後から激しい雨に見舞われ最悪のコンディションとなった1970年の東アフリカ・サファリラリーで総合1、2、4位に輝き、クラス/チームの3冠完全制覇を日本車として初めて達成するなど、栄光の歴史に彩られたモデル。今回展示されるのは、総距離5432km、全区間を通じてのアベレージが98.7km/hを記録するほどの過酷なサファリラリーを制したウイニングカーそのものである。

「時代を進めたラリーカーの戦闘美」の追加出展車両は以下の通り。

  • ダットサン・ブルーバード1600SSS(1970年)
  • ダットサン240Z(1972年)
  • ダットサン・バイオレットGT(1982年)
  • ニッサン240RS(1982年)
  • スバル・インプレッサ555WRC(1998年)
  • スバル・インプレッサWRC(2008年)

(webCG)

関連キーワード:
インプレッサ, スバル, オートモビル カウンシル2021, 自動車ニュース

スバル インプレッサ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.14 試乗記 「スバル・インプレッサスポーツ」に新たな最上級グレードとなる「STI Sport」が追加された。車名とグレード名の双方に“スポーツ”と付くマニア待望のSTIチューニングモデルは、一体どんな走りをみせてくれるのだろうか。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • アウディS3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.8.30 試乗記 1リッターエンジン搭載車が評判の新型「アウディA3」だが、同じコンパクトボディーにハイパワーな2リッターターボエンジンと4WDシステムを詰め込んだ「S3」は、やはり格別だ。ことに端正なフォルムが自慢の「セダン」は、まさに隙のない一台に仕上がっている。
ホームへ戻る