楽しむことはもはやエゴ!? 12気筒エンジン車はこれからの時代を生き残れるか?

2021.04.02 デイリーコラム

音と振動こそがキモ

五感で覚えた快感を人はそう簡単に捨てたり忘れたりすることはできない。耳をつんざく爆音、オイルの焼ける匂い、溶けるように流れ去った景色、それらの混じり合った空気をたっぷりと吸い込んで、同じ空間にわが身を委ねたひととき。

なかでもエンジンそのものが発するサウンドとバイブレーションに関して言えば、より複雑な構成の機械が全力を振り絞るそのプロセスにおいて人は絶頂を感じるものである。音と振動がシンクロし、ドライバーとマシンが目に見えない収束点で交わりそうになる、その刹那(せつな)がたまらない。この瞬間を何度でも味わってみたいからこそ、人は右足に力をこめるのだ。そう、スピードのスリルにそれは間違いなく勝っている。絶対的な高速にはすぐに慣れるし、超絶の加速も一度で満足するものだが、音と振動のコラボレーションには飽きるということがない。

ガス! ガス! ガス!
プッシュ! プッシュ! プッシュ!

だからとにかく燃料を燃やしたいのだった。

さしずめ12気筒エンジンはその筆頭だといっていいだろう。人類の生んだ最も官能的な機械。クルマ好きであれば一度は12気筒に乗っておきたいと思うはず。12という数字のもつ魔力(もしくは親しみ)もさることながら、やはりそのフィーリングが至上のひとつであるということを直接的もしくは間接的にでも人は知っているからに違いない。

その一方で、アクセルペダルをもっと踏め! などという言葉を待つまでもなく、音と振動が素晴らしいと言った時点でその思考がエコではないこともまた事実だ。何しろ音と振動そのものがエネルギーの消費にほかならないからだ。それらを楽しむことがエゴであるという時代にわれわれは生きている。素晴らしいサウンドとバイブレーションを楽しみたいなどとは、少なくとも公道上では、今や言いづらい。

12気筒エンジンにハイブリッドシステムを組み合わせる「ランボルギーニ・シアンFKP 37」。同社は「アヴェンタドール」の後継となる次期12気筒モデルについても、ハイブリッド車になることを明言している。
12気筒エンジンにハイブリッドシステムを組み合わせる「ランボルギーニ・シアンFKP 37」。同社は「アヴェンタドール」の後継となる次期12気筒モデルについても、ハイブリッド車になることを明言している。拡大
圧倒的な存在感を放つ、フェラーリの12気筒エンジン。写真は「812スーパーファスト」のもので、トランスアクスル方式のトランスミッションが組み合わされている。
圧倒的な存在感を放つ、フェラーリの12気筒エンジン。写真は「812スーパーファスト」のもので、トランスアクスル方式のトランスミッションが組み合わされている。拡大
12気筒エンジン車は、高性能なスポーツモデルだけとは限らない。高級サルーン「ロールス・ロイス・ゴースト」(写真)のボンネット下には、ターボで過給されるV12ユニットがおさまっている。
12気筒エンジン車は、高性能なスポーツモデルだけとは限らない。高級サルーン「ロールス・ロイス・ゴースト」(写真)のボンネット下には、ターボで過給されるV12ユニットがおさまっている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事