「トヨタGR 86」と新型「スバルBRZ」 新しいスポーツカーの誕生から協業の成果を思う

2021.04.16 デイリーコラム

「GR 86/BRZ」の“お披露目会”を共同開催

2021年4月5日、日本はもちろん海の向こうのクルマ好きからも熱い視線が注がれるメイド・イン・ジャパンのスポーツカーが、ネットで大いに盛り上がった。「トヨタGR 86」の世界初公開と、新型「スバルBRZ」の日本仕様公開である。トヨタとスバルのアライアンスにより誕生したFRスポーツの第2世代だ。

それにしても、このオンライン発表会は実にユニークなものだった。簡単に説明するなら、「第2世代の86/BRZができました!」という話がメインではなく、「トヨタとスバルが腹を割って一緒に頑張って、もっといいスポーツカーができました」という報告が趣旨だったからだ。BRZはすでに北米仕様のプロトによって“ワールドプレミア”されていたが、GR 86については、このときにGRブランドの扱いとなることを正式発表。車両の披露もこれが初という、特別な機会だった。これまでの例なら、それぞれが独自にお披露目会を開き、両社による共同開発車であることは強調しつつも、その独自性をアピールすることに力を入れてくるはず。それを“トークイベント”と銘打ちながらも共同で行ったのだ。

このオンラインイベントには、GAZOO Racing Companyプレジデントの佐藤恒治氏とスバル執行役員CTO(最高技術責任者)技術統括本部長兼技術研究所長の藤貫哲郎氏に加え、トヨタとスバルから開発メンバーが参加。その雰囲気はとてもポジティブなもので、新型車の開発が納得できる方向で進み、発売前の大きなハードルを乗り越えたことを感じさせた。

トークショーで披露された、「トヨタGR 86」(左)と新型「スバルBRZ」(右)。
トークショーで披露された、「トヨタGR 86」(左)と新型「スバルBRZ」(右)。拡大
トークショーに登場した、GAZOO Racing Companyプレジデントの佐藤恒治氏(左)と、スバル執行役員CTO(最高技術責任者)技術統括本部長兼技術研究所長の藤貫哲郎氏(中央)。
トークショーに登場した、GAZOO Racing Companyプレジデントの佐藤恒治氏(左)と、スバル執行役員CTO(最高技術責任者)技術統括本部長兼技術研究所長の藤貫哲郎氏(中央)。拡大
トークショーには、両車の開発に携わった複数のメンバーが参加。和気あいあいとした雰囲気のなか、さまざまなエピソードが披露された。
トークショーには、両車の開発に携わった複数のメンバーが参加。和気あいあいとした雰囲気のなか、さまざまなエピソードが披露された。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGR 86 2021.4.5 画像・写真 トヨタが「GR 86」を世界初公開。外装は「トヨタ86」の面影を残しつつパネル類を全面刷新。運転のしやすさに配慮してMT仕様とAT仕様でセンターコンソールの高さを変えるなど、内装にも工夫が凝らされている。2021年秋発売予定の新型スポーツカーを写真で紹介する。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
  • トヨタがスポーツカー「GR 86」を世界初公開 「トヨタ86」の後継を担い2021年秋に登場 2021.4.5 自動車ニュース トヨタが「GR 86」を世界初公開した。スバルと共同開発した水平対向エンジンのスポーツカーで、従来型の「トヨタ86」より排気量を拡大した2.4リッターの新型エンジンを搭載。日本での発売時期は、2021年秋ごろの予定となっている。
  • 「MINIクロスオーバー」に新たなエントリーモデル「バッキンガム」が登場 2021.5.7 自動車ニュース MINIブランドのコンパクトSUV「MINIクロスオーバー」に新モデル「バッキンガム」が登場。1.5リッター直3ガソリンエンジンを搭載した新たなエントリーモデルで、価格を400万円以下に抑えながら、充実した装備を備えている。
  • モーガン・プラスフォー(FR/6MT)【試乗記】 2021.4.26 試乗記 “木とアルミのスポーツカー”ことモーガンから、ニューモデル「プラスフォー」が登場。新世代シャシーにモダンな2リッターターボを搭載したこのクルマは、モーガン伝統のドライブフィールと硬派なスポーツカーの魅力を併せ持つ、希有(けう)な一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る