歴史的レーシングカーをイメージ アストンマーティンが「V12スピードスター」の特別仕様車を発表

2021.04.28 自動車ニュース
アストンマーティン・V12スピードスター リミテッドエディション
アストンマーティン・V12スピードスター リミテッドエディション拡大

英アストンマーティンは2021年4月27日(現地時間)、世界限定88台のオープン2シーター「V12スピードスター」をベースとする、特別仕様車を発表した。

キャビンは車体のリア寄りにレイアウトされる。乗車定員は2人。
キャビンは車体のリア寄りにレイアウトされる。乗車定員は2人。拡大
「V12スピードスター リミテッドエディション」と、歴史的なレーシングカー「DBR1」(写真奥)のツーショット。
「V12スピードスター リミテッドエディション」と、歴史的なレーシングカー「DBR1」(写真奥)のツーショット。拡大

今回発表された「V12スピードスター リミテッドエディション」は、伝説的なアストンマーティンのレーシングカー「DBR1」に敬意を表して製作したという、V12スピードスターのカスタマイズバージョン。

DBR1は1956年にデビューした後、1959年のルマン24時間耐久レースとニュルブルクリンク1000kmレースに勝利したマシンで、アストンマーティン史上最も成功したレーシングカーであるとともに、最も美しく優雅なモデルのひとつとされている。

V12スピードスター リミテッドエディションには、このDBR1に敬意を表した専用オプションが多数装備されている。

「アストンマーティン・レーシング・グリーン」で塗られたボディーには、「クラブスポーツ・ホワイト」のピンストライプとロンデルが施され、「クラブスポーツ・リップスティック・グラフィック」を備えたサテンシルバーのアルマイトグリルが装着される。サテンブラックダイヤモンド切削仕上げによる21インチセンターロックホイールも特徴に挙げられる。

コックピットにはコンカーサドルレザー、ビリジアン・グリーンのテクニカルテキスタイル/ケイスネスレザーを採用。シート後方の透明なリアカウルの中には、アストンマーティン・レーシング・グリーンに塗装された、ドライバーおよびパッセンジャー用のヘルメットが配置される。

パワーユニットは5.2リッターV12エンジンの高性能バージョン(最高出力:約700PS、最大トルク:約753N・m)で、ZF製の8段ATが組み合わされる。0-100km/h加速は3.4秒、最高速は約318km/hに達するという。

このDBR1仕様のV12スピードスターは、現在オーダー受け付け中で、納車は2021年半ばから開始される予定。

(webCG)

関連キーワード:
アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事