「MINIクロスオーバー」に新たなエントリーモデル「バッキンガム」が登場

2021.05.07 自動車ニュース

BMWジャパンは2021年5月7日、MINIブランドのコンパクトSUV「MINIクロスオーバー」に新モデル「バッキンガム」を追加し、販売を開始した。納車開始は同年5月中旬を予定している。

バッキンガムは、最高出力102PS(75kW)、最大トルク190N・mを発生する1.5リッター直3ガソリンターボエンジンを搭載した、MINIクロスオーバーの新しいエントリーモデルである。現在、MINIクロスオーバーはディーゼルモデルがラインナップの主流となっており、ハイパフォーマンスモデルの「ジョンクーパーワークス クロスオーバーALL4」や、プラグインハイブリッド車「クーパーS EクロスオーバーALL4」を除くと、ガソリンエンジンが選べるのは同モデルのみとなる。

エントリーモデルでありながら、新型のマルチディスプレイメーターパネルや、ドライビングアシスト機能、リアビューカメラ、パーキングアシスト機能などを標準で備えるなど、充実した装備が特徴。また同車専用の装飾として、ユニオンジャックをモチーフとしたサイドスカットルや、リアステッカーを装備。特別感を演出している。

価格は395万円。

(webCG)

MINIクロスオーバー(写真は欧州仕様の「クーパーALL4」)
MINIクロスオーバー(写真は欧州仕様の「クーパーALL4」)拡大

関連キーワード:
MINIクロスオーバー, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2021.4.5 試乗記 すっかり大きくなったMINIシリーズのなかでも一番大きいのが「MINIクロスオーバー」だ。ラインナップで唯一のプラグインハイブリッド(PHEV)モデル「クーパーS EクロスオーバーALL4」に試乗し、最新モデルの仕上がりを試した。
  • MINIクーパーSDクロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.30 試乗記 「MINIクロスオーバー」のマイナーチェンジモデルが上陸。アップデートされた内外装や欧州の新しい排ガス基準に対応した改良型ディーゼルユニット、そして熟成されたシャシーの出来栄えを確かめるため、ロングドライブに連れ出した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • メルセデス・ベンツEQA250(FWD)【試乗記】 2021.5.31 試乗記 電気自動車のラインナップ強化にいそしむメルセデス・ベンツから、コンパクトSUVタイプの新型車「EQA」が登場。取り回しのしやすさや、デイリーユースでの使い勝手のよさなどがうたわれるニューモデルの仕上がりを報告する。
  • ランドローバー・レンジローバーFifty(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.21 試乗記 ランドローバーの旗艦「レンジローバー」がデビュー50周年を迎えた。世界限定1970台の「Fifty(フィフティー)」は、このアニバーサリーを祝う特別なモデルだ。コマンドポジションの運転席に収まり、砂漠のロールス・ロイスが駆け抜けた偉大なる半世紀に思いをはせた。
ホームへ戻る