「シトロエンC3エアクロスSUV」に内装をレザーと千鳥格子でコーディネートした特別仕様車

2021.05.10 自動車ニュース
シトロエンC3エアクロスSUVキュイール
シトロエンC3エアクロスSUVキュイール拡大

グループPSAジャパンは2021年5月10日、「シトロエンC3エアクロスSUV」に特別仕様車「CUIR(キュイール)」を設定し、販売を開始した。

 
「シトロエンC3エアクロスSUV」に内装をレザーと千鳥格子でコーディネートした特別仕様車の画像拡大
 
「シトロエンC3エアクロスSUV」に内装をレザーと千鳥格子でコーディネートした特別仕様車の画像拡大
 
「シトロエンC3エアクロスSUV」に内装をレザーと千鳥格子でコーディネートした特別仕様車の画像拡大
 
「シトロエンC3エアクロスSUV」に内装をレザーと千鳥格子でコーディネートした特別仕様車の画像拡大
 
「シトロエンC3エアクロスSUV」に内装をレザーと千鳥格子でコーディネートした特別仕様車の画像拡大

今回のシトロエンC3エアクロスSUVキュイールは、カタログモデルでは選べない特別な内装のコーディネートがセリングポイントだ。

シートには鮮やかなキャメルブラウンのレザーと千鳥格子(ハウンドトゥース)のファブリック、さらにアルカンターラのアクセントを組み合わせたハーフレザータイプを採用。レザーはダッシュボードとセンターコンソールの一部にも使われるほか、千鳥格子のファブリックはドアアームレストにも用いられるなど、フランス語でレザーを意味する「CUIR」の名の通り、より上質なニュアンスと質感が加えられている。

先にデビューした特別仕様車「C3エアクロスSUVサーフエディション バイ リップカール」と同様、1.2リッター直3ターボエンジンはカタログモデルよりも20PSと25N・m強力な最高出力130PS/最大トルク230N・mにパワーアップ。欧州の排ガス規制「ユーロ6.3」に対応するだけでなく、WLTCモードの燃費値も16.7km/リッターと、約14%の向上をみている。

フロントシートヒーターと運転席センターアームレスト、前方可倒式助手席シートバック、後席用ロールアップサンシェード、フロアマット、ラゲッジフロアボードが備わるなど充実した装備内容も特徴だ。さらに、パノラミックサンルーフと17インチアロイホイール、オールシーズンタイヤ、グリップコントロール&ヒルディセントコントロールからなるオプションの「キュイールパッケージ」を設定。トラクションコントロールとブレーキLSDを高度に統合制御するグリップコントロールによって、前輪駆動でもSUVらしい走りが楽しめるという。

ボディーカラーは「サーブル」(4万9500円の有償色)と「ナチュラルホワイト」の2色を設定。ルーフカラーには「ノアールペルラネラ」を、カラーパック(アクセントカラー)にはオレンジを採用している。

価格は303万円で、キュイールパッケージ装着車は326万円。

(webCG)

関連キーワード:
C3エアクロスSUV, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3エアクロスSUV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.18 試乗記 個性派シトロエンの中でも変わった見た目の「C3エアクロスSUV」は、どんな味わいのクルマなのか? 高速道路からワインディングロードまで走らせた筆者は、かつて胸をときめかせてくれた、むかしのフランス車を思い出していた。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.10.16 試乗記 「優れた快適性こそが群雄割拠のSUV市場で際立つ新しい価値」というポリシーを掲げて登場した、シトロエンの新たなフラッグシップ「C5エアクロスSUV」。姿カタチは変われど、好事家を満足させるシトロエンらしさは受け継がれているのか? その仕上がりを確かめた。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.22 試乗記 シトロエンの「C5エアクロスSUV」に1.6リッターガソリンターボ搭載モデルが追加された。先に導入された2リッターディーゼル車と比べると、最高出力は微増で最大トルクは大幅減、そして車両重量も大幅減。果たしてその仕上がりは?
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.9 試乗記 創立100周年を迎えたシトロエンが放つ新型車が「C5エアクロスSUV」だ。“ハイドロニューマチックの現代的解釈”をうたうサスペンションシステムや新開発のシートなど、「何よりもコンフォート性能を追求した」というモデルを支える装備の出来栄えをチェックした。
  • 「シトロエンC5エアクロスSUV」の一部改良モデル登場 全グレードでLEDヘッドライトが標準装備に 2021.4.8 自動車ニュース グループPSAジャパンは2021年4月8日、「シトロエンC5エアクロスSUV」の一部仕様を変更し、販売を開始した。今回は全グレードにLEDヘッドライトを標準装備としたほか、ナッパレザーパッケージオプションのカラーリングを変更している。
ホームへ戻る