「シトロエンC3エアクロスSUV」に内装をレザーと千鳥格子でコーディネートした特別仕様車

2021.05.10 自動車ニュース
シトロエンC3エアクロスSUVキュイール
シトロエンC3エアクロスSUVキュイール拡大

グループPSAジャパンは2021年5月10日、「シトロエンC3エアクロスSUV」に特別仕様車「CUIR(キュイール)」を設定し、販売を開始した。

 
「シトロエンC3エアクロスSUV」に内装をレザーと千鳥格子でコーディネートした特別仕様車の画像拡大
 
「シトロエンC3エアクロスSUV」に内装をレザーと千鳥格子でコーディネートした特別仕様車の画像拡大
 
「シトロエンC3エアクロスSUV」に内装をレザーと千鳥格子でコーディネートした特別仕様車の画像拡大
 
「シトロエンC3エアクロスSUV」に内装をレザーと千鳥格子でコーディネートした特別仕様車の画像拡大
 
「シトロエンC3エアクロスSUV」に内装をレザーと千鳥格子でコーディネートした特別仕様車の画像拡大

今回のシトロエンC3エアクロスSUVキュイールは、カタログモデルでは選べない特別な内装のコーディネートがセリングポイントだ。

シートには鮮やかなキャメルブラウンのレザーと千鳥格子(ハウンドトゥース)のファブリック、さらにアルカンターラのアクセントを組み合わせたハーフレザータイプを採用。レザーはダッシュボードとセンターコンソールの一部にも使われるほか、千鳥格子のファブリックはドアアームレストにも用いられるなど、フランス語でレザーを意味する「CUIR」の名の通り、より上質なニュアンスと質感が加えられている。

先にデビューした特別仕様車「C3エアクロスSUVサーフエディション バイ リップカール」と同様、1.2リッター直3ターボエンジンはカタログモデルよりも20PSと25N・m強力な最高出力130PS/最大トルク230N・mにパワーアップ。欧州の排ガス規制「ユーロ6.3」に対応するだけでなく、WLTCモードの燃費値も16.7km/リッターと、約14%の向上をみている。

フロントシートヒーターと運転席センターアームレスト、前方可倒式助手席シートバック、後席用ロールアップサンシェード、フロアマット、ラゲッジフロアボードが備わるなど充実した装備内容も特徴だ。さらに、パノラミックサンルーフと17インチアロイホイール、オールシーズンタイヤ、グリップコントロール&ヒルディセントコントロールからなるオプションの「キュイールパッケージ」を設定。トラクションコントロールとブレーキLSDを高度に統合制御するグリップコントロールによって、前輪駆動でもSUVらしい走りが楽しめるという。

ボディーカラーは「サーブル」(4万9500円の有償色)と「ナチュラルホワイト」の2色を設定。ルーフカラーには「ノアールペルラネラ」を、カラーパック(アクセントカラー)にはオレンジを採用している。

価格は303万円で、キュイールパッケージ装着車は326万円。

(webCG)

関連キーワード:
C3エアクロスSUV, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3エアクロスSUV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2021.6.25 試乗記 さまざまなクロカンやSUVを取りそろえるジープのなかで、最も都会派とされる「コンパス」。マイナーチェンジされた最新型を走らせてみると、多くのブランドと交わるなかで培われた商品力の高さを感じ取ることができた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300/ディフェンダー90 HSE P300【試乗記】 2021.7.15 試乗記 ランドローバーの本格クロスカントリーモデル「ディフェンダー」に、魅力的な2つの仕様が追加された。3ドア・ショートボディーの「90」と、最大トルク650N・mを誇る3リッター直6ディーゼル。日本に導入されたばかりの、両モデルの走りをリポートする。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールD200 (4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.30 試乗記 スタイリッシュなプレミアムSUVとして知られる「レンジローバー ヴェラール」。そのラインナップに加わったマイルドハイブリッドのディーゼル車は、上質な内外装に見合った、極めて品の良い走りを味わわせてくれた。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.22 試乗記 シトロエンの「C5エアクロスSUV」に1.6リッターガソリンターボ搭載モデルが追加された。先に導入された2リッターディーゼル車と比べると、最高出力は微増で最大トルクは大幅減、そして車両重量も大幅減。果たしてその仕上がりは?
ホームへ戻る