ミツオカの「ビュート」「ビュートなでしこ」に期間限定の特別仕様車「ノスタルジア」設定

2021.05.12 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート ノスタルジア」。ボディーカラーは「デザートカーキ」。
「ミツオカ・ビュート ノスタルジア」。ボディーカラーは「デザートカーキ」。拡大

光岡自動車は2021年5月12日、「ビュート」および「ビュートなでしこ」に特別仕様車「nostalgia(ノスタルジア)」を設定し、販売を開始した。期間限定での販売となっており、同年12月23日まで注文を受け付ける。

「ビュートなでしこ ノスタルジア」。ボディーカラーは「スタイリッシュブルー」。
「ビュートなでしこ ノスタルジア」。ボディーカラーは「スタイリッシュブルー」。拡大
「スタイリッシュブルー」のボディーカラーに合わせてコーディネートされたインテリア。
「スタイリッシュブルー」のボディーカラーに合わせてコーディネートされたインテリア。拡大
レザーシートはデザインも専用仕立て。サイド部分にはファブリックを使用し、背もたれには「nostalgia」ロゴがステッチされる。
レザーシートはデザインも専用仕立て。サイド部分にはファブリックを使用し、背もたれには「nostalgia」ロゴがステッチされる。拡大
「デザートカーキ」に合わせてコーディネートされたインテリア。
「デザートカーキ」に合わせてコーディネートされたインテリア。拡大
ラジエーターグリル(写真)とリアには専用エンブレムがあしらわれる。
ラジエーターグリル(写真)とリアには専用エンブレムがあしらわれる。拡大
光岡自動車の工場を旅立つ「ノスタルジア」。
光岡自動車の工場を旅立つ「ノスタルジア」。拡大

コンパクトセダンのビュートとコンパクトハッチバックのビュートなでしこは、いずれも「日産マーチ」をベースにミツオカが独自のカスタマイズを施したモデルである。今回のノスタルジアはその名の通り、どこか懐かしさを感じさせるレトロ感が強調されているのが特徴だ。

ボディーカラーには1993年の初代ビュート発売当時から人気の「スタイリッシュブルー」とクラシカルなスタイリングに合わせた新色「デザートカーキ」の2色を設定。ホワイトの専用カラードホイールでさらなるレトロ感を演出し、ラジエーターグリルとリアには専用エンブレムをあしらっている。

内装には通常はメーカーオプションのクラシックインパネとレザーシート、カラードドアトリムを標準装備。これらはボディーカラーに合わせた専用配色でコーディネートされる。さらにレザーシートはデザインも専用となっており、側面には柔らかなぬくもりを感じさせるファブリック素材を採用し、背もたれ部分には「nostalgia」のステッチを施している。

ラインナップと価格は以下の通り。
【ビュート ノスタルジア】

  • 12ST:321万2000円
  • 12STプレミアム:333万3000円
  • 12DX:352万5500円
  • 12LX:381万1500円

【ビュートなでしこ ノスタルジア】

  • 12ST:280万5000円
  • 12STプレミアム:298万1000円
  • 12DX:317万3500円
  • 12LX:345万9500円

(webCG)

関連キーワード:
ビュート, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ビュート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカの「ビュート」「ビュートなでしこ」に期間限定の特別仕様車「ノスタルジア」設定 2021.5.12 自動車ニュース 光岡自動車は2021年5月12日、「ビュート」および「ビュートなでしこ」に特別仕様車「nostalgia(ノスタルジア)」を設定し、販売を開始した。期間限定での販売となっており、同年12月23日まで注文を受け付ける。
  • ミツオカが「ビュート」の25周年記念特別仕様車を発売 2018.1.18 自動車ニュース 光岡自動車は2018年1月18日、「ビュート」に特別仕様車「マイ ビュート 25周年記念特別仕様車」を設定し、同年1月20日から12月24日までの期間限定で販売すると発表した。
  • ミツオカ・ビュート 2012.5.25 画像・写真 2012年5月24日に発売された新型「ミツオカ・ビュート」の姿を、写真で紹介する。
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る