いまや世界のベンチマーク!? アウディの“ステアリングへのこだわり”って何だ?

2021.05.17 デイリーコラム

単なる操舵のツールではない

アウディのエンジニアたちがこだわりにこだわり抜いた技術について熱っぽく語る技術説明会「アウディ・テックトーク」。これまで「音響と騒音ならびに振動」「ライト」「クワトロ」「プラグインハイブリッド」「充電」といった“オタク的話題”の数々を取り上げてきたのだが、その最新回は「ステアリング」がテーマ。「ステアリングだけで、そんなにたくさん語ることあるの?」と思われるかもしれないが、これが驚くほど盛りだくさんの内容だった。

例えば、ひとつのステアリングホイールが誕生するまでには3Dプリンターを用いた開発の初期段階から生産まで4~5年の期間を要するとか、アウディではステアリングホイールのリム形状や中心部分はできるだけコンパクトに設計しているとか、ステアリングホイール径は375mm、リム直径は30~36mmが標準だとか、ますます機能が増えて操作も複雑になってきたステアリングホイール上のコントローラーをどんな風にレイアウトしているのかなどについて、深い深いエンジニアリングトークが次々と飛び出してきたのである。

そんななかで、今回最大のトピックだったのが、先ごろ本国で発表された「Q4 e-tron」のステアリングホイールである。写真をご覧になればわかるとおり、リムの上下部分がフラットにされているのを除けば、極めてシンプルなデザインに思える。

ところが、その黒く見える水平のスポーク部分には、実はタッチセンサー式スイッチが内蔵されているのだ。最近は「フェラーリ・ローマ」や最新の「レンジローバー」もステアリングスイッチにタッチセンサーを使っているけれど、Q4 e-tronのものはローマと同じように普段は真っ黒な状態。ただし、その表面を触ると背後の照明がついて、機能を示すアイコンが浮かび上がる仕組みになっている。もっとも、ここまではローマも同じだが、Q4 e-tronの場合は、スイッチを押すとパネルが軽く押し返されて、操作したことが触覚でも確かめられるように工夫されている。しかも、本来はフラットなタッチセンサー上にスイッチ同士の境目を示す小さな突起部が設けられていて、自分がいまどのスイッチを操作しようとしているかが指先の感触だけでつかめるようになっているのもローマのものとの違い。どちらも、手元を見なくても操作できるブラインドタッチを可能にするもので、安全上、極めて好ましいといえる。

また、ステアリングリムの下側をフラットにしたのは良好な乗降性を確保するため、上側をフラットにしたのは前方の視界を改善するためだという。

Q4 e-tronの操作系はダッシュボードまわりにも新機軸が多く、それらは今後デビューするアウディの各モデルに採用される見通しだ。

アウディのエキスパートたちが、製品の技術的ハイライトについてプレゼンテーションを行う「Audi TechTalk(アウディ・テックトーク)」。2021年5月10日には「ステアリング」の回がオンラインで実施された。写真はそのワンシーン。
アウディのエキスパートたちが、製品の技術的ハイライトについてプレゼンテーションを行う「Audi TechTalk(アウディ・テックトーク)」。2021年5月10日には「ステアリング」の回がオンラインで実施された。写真はそのワンシーン。拡大
写真左から、1986年、1996年、そして2021年のステアリングホイール。形状に35年分の違いがみられるものの、機能や質感の元となる開発ポリシーは変わらない。
写真左から、1986年、1996年、そして2021年のステアリングホイール。形状に35年分の違いがみられるものの、機能や質感の元となる開発ポリシーは変わらない。拡大
2021年4月にデビューした「アウディQ4 e-tron」のステリングホイール。アウディが「単なる操舵の道具ではなく、ハイテクなコマンドセンター」と言うように、スポーク部には多くのタッチセンサー式スイッチが配置されている。
2021年4月にデビューした「アウディQ4 e-tron」のステリングホイール。アウディが「単なる操舵の道具ではなく、ハイテクなコマンドセンター」と言うように、スポーク部には多くのタッチセンサー式スイッチが配置されている。拡大
「Q4 e-tron」はコンパクトセグメントのピュアEV。2021年6月には、欧州で販売がスタートする。
「Q4 e-tron」はコンパクトセグメントのピュアEV。2021年6月には、欧州で販売がスタートする。拡大
アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • いまや世界のベンチマーク!? アウディの“ステアリングへのこだわり”って何だ? 2021.5.17 デイリーコラム 「技術による先進」をスローガンに掲げるアウディは、クルマを運転するうえで人間との重要な接点となるステアリングホイールにも、並々ならぬこだわりがあるという。その注目すべき点について、新型車「Q4 e-tron」を例に解説する。
  • メルセデス・ベンツEQA250(FWD)【試乗記】 2021.5.31 試乗記 電気自動車のラインナップ強化にいそしむメルセデス・ベンツから、コンパクトSUVタイプの新型車「EQA」が登場。取り回しのしやすさや、デイリーユースでの使い勝手のよさなどがうたわれるニューモデルの仕上がりを報告する。
  • モト・グッツィV7スペシャル(6MT)【レビュー】 2021.5.29 試乗記 イタリアの名門、モト・グッツィのネイキッドバイク「V7」。新開発の850ccエンジンを得た最新型では、どんな走りが楽しめる? クラシカルな外観が特徴のグレード「V7スペシャル」で確かめた。
  • アーティストとコラボした特別仕立ての「アルピーヌA110S」登場 2021.5.28 自動車ニュース 仏アルピーヌは2021年5月21日、アルゼンチン出身のアーティストであるフェリペ・パントネ氏とのコラボレーションによる、特別な仕立ての「アルピーヌA110S」を発表した。
  • テスラ・モデル3パフォーマンス(前編) 2021.5.30 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「テスラ・モデル3」に試乗。既存の自動車メーカーとはまったく異なるアプローチで仕立てられたハイパフォーマンス電気自動車(BEV)は、山野に何を語りかけるのだろうか。
ホームへ戻る