「メルセデス・ベンツG400d」登場 パワーアップした3リッター直6ディーゼル搭載

2021.05.19 自動車ニュース
メルセデス・ベンツG400d
メルセデス・ベンツG400d拡大

メルセデス・ベンツ日本は2021年5月19日、クロスカントリーモデル「メルセデス・ベンツGクラス」にディーゼルエンジン搭載の新グレード「G400d」を設定し、同日、販売を開始した。

3リッター直6ディーゼルエンジン「OM656」は、既存の「G350d」搭載ユニットよりも最高出力が44PS、最大トルクが100N・mアップしている。
3リッター直6ディーゼルエンジン「OM656」は、既存の「G350d」搭載ユニットよりも最高出力が44PS、最大トルクが100N・mアップしている。拡大
「G400d」の価格は1289万円。エントリーモデルと位置づけられる「G350d」の38万円高となっている。
「G400d」の価格は1289万円。エントリーモデルと位置づけられる「G350d」の38万円高となっている。拡大

今回導入されるG400dは、最高出力330PS、最大トルク700N・mを発生する3リッター直列6気筒ディーゼルターボエンジン「OM656」を搭載。既存の「G350d」と比較して最高出力が44PS、最大トルクが100N・m増強されている。

基本的な装備はG350dに準じているが、外装色はG350dで選択できるものに加え、12色の有償カラーが新たに設定された。ステアリング位置は左右いずれも選択でき、幅広い内装色と特別感を高める装備が用意される「G manufaktur(Gマヌファクトゥーア)プログラム」により、好みの一台に仕上げることができるという。

価格は1289万円。

(webCG)

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース