キャデラックXT4スポーツ(前編)

2021.05.27 谷口信輝の新車試乗 アメリカのプレミアムブランド、キャデラックがSUV開発の技術を結集させたというニューモデル「XT4」。ワインディングロードでステアリングを握った谷口信輝は、その走りをどう評価する?

ちゃんと“伝わる”クルマ

「あれ、これってディーゼルですか?」

キャデラック初のコンパクトSUVであるXT4のエンジンをかけた瞬間、谷口信輝の口からそんな言葉がこぼれ出た。試乗車の「XT4スポーツ」が実際に搭載しているエンジンは最高出力230PSと最大トルク350N・mを生み出す2リッター直4ガソリンターボであってディーゼルではないのだが、谷口の期待値に比べるとノイズとバイブレーションがちょっと大きめだったせいで、そんな誤解を招いてしまったようだ。

ただし、走り始めてからは、このエンジンのことを谷口はむしろ高く評価した。
「あー、普段乗りで使う領域のトルク感はすごくありますね。そこから加速していって3000rpmから5000rpmでもちゃんと力が出ている。もうちょっとエンジンの回転フィールは滑らかでもいいけれど、発進はシャープで気持ちいいです。いまも、軽くホイールスピンするくらいの勢いで走り始めましたよね。つまり、ドライバーが踏み込んだアクセル量がちゃんとエンジンに伝えられている感じ。これは、僕、好きですね」

裏を返せば、ドライバーが踏み込んだアクセル量をそのままエンジンに伝えないクルマが最近は多いということか?

「そうなんですよ」と谷口。
「僕がアクセルペダルを踏んでも、クルマがドライバーを信用してくれなくて、ちゃんとパワーを生み出すようにエンジンに指令を出さないクルマが最近は多いんですよ。まるで『オマエ、本当にそれでいいのか?』って言われているみたい。一種の過保護ですよね。それは、ミスを犯すかもしれないドライバーに対しては必要なのかもしれないけれど、僕に限って言えばミスはしないし、仮にしたとしてもコントロールできるから、そういう余計なことはしてほしくありません。ところが、このXT4は僕がアクセルペダルを踏めば踏んだぶんだけパワーを発生してくれる。しかも、エンジンのレスポンスがいいから出足は俊敏。もちろん、タイヤがスキッドしそうになったらトラクションコントロールが介入してくるけれど、そこまではドライバーの自由にさせてくれるところがうれしいですね」

 
キャデラックXT4スポーツ(前編)の画像拡大
 
キャデラックXT4スポーツ(前編)の画像拡大
 
キャデラックXT4スポーツ(前編)の画像拡大
 
キャデラックXT4スポーツ(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラック・エスカレード スポーツ 2021.1.17 画像・写真 新型「キャデラック・エスカレード」が日本初公開された。5代目にあたる今回のモデルは、リアサスペンションを独立懸架とするなど設計を刷新。湾曲型OLEDディスプレイなどの先進装備も多数採用されている。キャデラック自慢のフルサイズSUVを写真で紹介する。
  • GMが新型「キャデラック・エスカレード」を日本導入 東京オートサロン2021で日本初公開 2020.11.12 自動車ニュース GMジャパンが新型「キャデラック・エスカレード」を日本に導入。全長5.4mに迫るフルサイズSUVで、大型の湾曲型OLEDディスプレイを含む先進装備を多数搭載。グレードは「プラチナム」と「スポーツ」の2本立てで、2021年夏ごろの納車開始を予定している。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【試乗記】 2021.6.2 試乗記 キャデラックの新作セダン「CT5」がいよいよ日本に導入された。世界的にSUVが伸長するなかで、アメリカを代表するプレミアムブランドが世に問うたセダンの姿とは? “いまどきのキャデラック”のキャラクターを体現した、ニューモデルの実力を試す。
  • メルセデス・ベンツGLS580 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.17 試乗記 「メルセデス・ベンツGLS」は単なる高級車にあらず! いや、第一級のラグジュアリーSUVであるのは当然として、凝りに凝ったアイテムによる高い悪路走破性も隠し持っているのだ。ラグジュアリーなオフローダーの仕上がりやいかに!?
  • キャデラックXT4スポーツ(4WD/9AT)【レビュー】 2021.4.23 試乗記 キャデラック渾身(こんしん)のニューモデル「XT4」に試乗。はやりのSUVだからといって、ルックスだけの一台と思うなかれ。その仕立てや走りの質は、歴史あるアメリカンブランドのプライドを感じさせるものだった。
ホームへ戻る