あなたはもう支払った? 自動車税納税の季節にクルマ関連税制の是非を考える

2021.05.31 デイリーコラム

嫌なものから目をそらしたい

クルマ生活と税金は切っても切れない関係だ。クルマを買い、所有し、走らせるだけで、日々、あの手この手で税金が徴収される。

たとえば、新車購入時の「自動車税」もしくは「軽自動車税」、「環境性能割(かつての取得税)」、そして「自動車重量税」に「消費税」がある。このうちの重量税は車検ごとに支払わなければならない。

また、燃料の一滴にも税金がかかっている。具体的にいうと、ガソリンには「揮発油税+地方揮発油税(以下、合わせてガソリン税)」、ディーゼル軽油には「軽油引取税」、さらに両方に石油税が課せられる。その額は1リッターあたりでガソリン税が合計53.8円(沖縄県を除く)と石油税が2.8円、軽油では軽油取引税32.1円と石油税2.8円。これが燃料の価格に上乗せされている。しかも、ガソリンではその税込み価格にさらに消費税がかかる……という二重課税問題も、ずっと放置されたままだ(軽油引取税は消費税課税対象外なので、二重課税問題はガソリンのほうが大きい)。

ただ、クルマの税金については、普段は考えないクセがついているのは筆者だけだろうか……。思い返してみると、クルマ購入時は事務手続き料もひっくるめて“諸経費”としてあえて見て見ぬふりしていたし、いつもの給油では「今日はリッター1〇〇円かあ」と嘆くだけで、そのうちの半分近くが税金であることは普段忘れている。その理由は、クルマにまつわる税金があまりに多種多様で広範囲にわたり、しかも1年間の税負担などを計算した日には、その支払額に愕然としてしまうからかもしれない。不愉快なことや都合の悪いことを忘れ、精神状態を安定させるのは、人間の防御本能らしい。

……といった冗談はさておき、そんな筆者でも毎年4~5月の時期だけは、クルマの税金についていや応なく考えさせられてしまう。ご想像のとおり、あの自動車税の納税通知書が送られてくるからだ。

5月といえば自動車税納税の季節。これを機に自動車関連税制について考えてみたい。
5月といえば自動車税納税の季節。これを機に自動車関連税制について考えてみたい。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事