トヨタが製造工場のカーボンニュートラル達成目標を2050年から2035年に前倒し

2021.06.11 自動車ニュース
トヨタ元町工場における「GRヤリス」生産の様子。同車の開発・製造も「未来を拓く大切なものづくり」におけるチャレンジのひとつだという。
トヨタ元町工場における「GRヤリス」生産の様子。同車の開発・製造も「未来を拓く大切なものづくり」におけるチャレンジのひとつだという。拡大

トヨタ自動車は2021年6月11日、「未来を拓く大切なものづくり」をテーマとする同社の取り組みを、オンラインイベント「ものづくり説明会」で発表した。

トヨタの水素直噴インジェクター。トヨタは燃料電池車にとどまらず、水素エンジンなどを開発し、エネルギーダイバーシティ―に向けて取り組みを行っている。
トヨタの水素直噴インジェクター。トヨタは燃料電池車にとどまらず、水素エンジンなどを開発し、エネルギーダイバーシティ―に向けて取り組みを行っている。拡大

今回、プレゼンテーションを行った同社執行役員の岡田政道氏は、冒頭で「ものづくりは、人の幸せや笑顔、楽しみをつくる」とし、2011年の東日本大震災や2020年の新型コロナウイルスのまん延、2021年の半導体メーカーの工場火災などといった苦境に直面した際の、同社における取り組みを紹介。日本がものづくりに適した場所であることを説明した。

続いてトヨタ自動車東日本の東富士工場(静岡県裾野市)の跡地、約70.8万平方メートルに建設中の「ウーブン・シティ」の映像や水素エンジン車などの例を出し、「ものづくりは期待感あふれる成長分野で、意志ある情熱と行動で未来の景色は変えられる」と語った。

生産現場での作り込みや改善の事例紹介では、水素エンジンの開発における取り組み、「グリーンファクトリーへの道」と題したカーボンニュートラルを目指すものづくりの具体例などを説明。塗着効率95%(従来は同75%)の塗装技術やインモールドコーティングと呼ばれるプレス内着色、シールを用いた塗装レス化、循環型社会実現に貢献するという「KINTO」の中古車におけるリノベーションといった、技術や実例を挙げた。

また、日本古来のからくり技術を応用した無動力装置や、メキシコ工場の車両生産ラインにおける先端技術とTPS(トヨタ生産方式)のコラボレーション例とともに「トヨタらしい人中心の考え方」を語り、カーボンニュートラルに向けたチャレンジへの期待感を表明した。

さらに、同社はこれまで、製造部門におけるカーボンニュートラルの達成目標を2050年としていたが、今回の説明会で2035年に前倒しする目標も発表された。

(webCG)

関連キーワード:
GRヤリス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編) 2021.5.13 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝が試乗したのは、モータースポーツで戦うことも視野に入れて開発された「トヨタGRヤリス」。専用ボディーや新開発エンジンを持つこだわりの高性能ハッチバックを、プロはどう評価する?
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
ホームへ戻る