月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』 ニュル北コースの量産FF車最速タイムを更新するのはどのクルマ!?

2021.06.25 From Our Staff
ニュルブルクリンク北コースの量産FF車最速のタイトルを保持している「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」と、ルノー・スポールの開発ドライバーにしてアタックドライバーも務めるロラン・ウルゴン氏。
ニュルブルクリンク北コースの量産FF車最速のタイトルを保持している「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」と、ルノー・スポールの開発ドライバーにしてアタックドライバーも務めるロラン・ウルゴン氏。拡大

『webCG』執筆陣によるコラムや月間アクセスランキング、読者アンケートなど、さまざまなコンテンツを通して自動車業界の1カ月を振り返る『月刊webCG通信』。7月号では、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースのFF車最速タイムを更新するクルマについて、読者の皆さまのご意見を大募集いたします。

8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。生方 聡さんは1.5リッターターボモデルで鹿児島を目指した。
8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。生方 聡さんは1.5リッターターボモデルで鹿児島を目指した。拡大
初公開時から話題沸騰だった「ミツオカ・バディ」がついに発売。これから注文した場合はデリバリーまでに2年近くかかるという。
初公開時から話題沸騰だった「ミツオカ・バディ」がついに発売。これから注文した場合はデリバリーまでに2年近くかかるという。拡大
「スバル・フォレスター」の大幅改良モデルも登場。フロントマスクのデザインが変わっただけでなく、先進運転支援システム「アイサイト」が最新バージョンにアップデートされる。
「スバル・フォレスター」の大幅改良モデルも登場。フロントマスクのデザインが変わっただけでなく、先進運転支援システム「アイサイト」が最新バージョンにアップデートされる。拡大

------------------------------------

【今月の“私的”ビッグニュース】
自動車業界で幅広く活躍するジャーナリストやライターに、このひと月で特に印象に残ったエピソードを紹介してもらうこのコーナー。今月はモータージャーナリストの生方 聡さんが、新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」で挑んだ超長距離ドライブについて報告します。なんでも東京から鹿児島までの行程で、とんでもない燃費値を記録したそうなんですが……。

【webCG月間アクセスランキング】
webCGのメインコンテンツである「試乗記」と「ニュース」のランキングを通して、自動車業界の動向をおさらいします。

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に「ホンダ・シビック ハッチバック」「トヨタ・ランドクルーザー」「レクサスNX」の新型が登場し、日産のニューモデル「ノート オーラ」もお披露目されたこの6月。「スバル・フォレスター」の大幅改良モデルの先行予約や「ミツオカ・バディ」のデリバリーが始まるなど、とにかく話題満載のひと月でした。

一方の試乗記部門には、ニュース部門でも注目のゴルフとノート オーラ、バディが早くも登場! しかしながら、ゴルフと合わせて読みたい「アウディA3/S3」にノート オーラと合わせて読みたい「日産ノート」の4WDモデルなど、ライバル勢の布陣もかなり強力。6月のアクセスランキングは混戦の予感です。

新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」
新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」拡大
新型「ホンダ・シビック ハッチバック」。「タイプR」は2022年に登場する予定。
新型「ホンダ・シビック ハッチバック」。「タイプR」は2022年に登場する予定。拡大
「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」。写真は現在のFF車最速記録をマークした時に公開されたもの。
「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」。写真は現在のFF車最速記録をマークした時に公開されたもの。拡大

【読者アンケートの広場】
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の新型が発売され、「ホンダ・シビック ハッチバック」の新型が世界初公開されました。

ゴルフとシビック……とくればドイツ・ニュルブルクリンクを条件反射で思い浮かべてしまうのがクルマ好きの悲しい(?)性分。ずばり、あなたがニュルの北コースで量産FF車最速タイムを狙うのであれば、以下のどのクルマでアタックしますか? ちなみに現在の記録は「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」が2019年4月5日にマークした7分40秒100です。

投票の結果は7月1日配信のメールマガジンでお知らせします。ページ下段のアンケートフォームから、ぜひご投票&ご意見をお寄せください。

→メールマガジンのお申し込みはこちらから

あなたにおすすめの記事
新着記事