「フェラーリF8トリブート」に限定2台の特別仕様車「アレッジェリータ カーボニオ35.6」が登場

2021.06.30 自動車ニュース
フェラーリF8トリブート アレッジェリータ カーボニオ35.6
フェラーリF8トリブート アレッジェリータ カーボニオ35.6拡大

フェラーリ・ジャパンは2021年6月29日、V8ミドシップスポーツカー「F8 Tributo(トリブート)」をベースとしたテイラーメイドモデル「ALLEGGERITA CARBONIO 35.6(アレッジェリータ カーボニオ35.6)」を発表した。

白を基調とした「Bianco Hiroshima」をまとった「アレッジェリータ カーボニオ35.6」。
白を基調とした「Bianco Hiroshima」をまとった「アレッジェリータ カーボニオ35.6」。拡大
サイドシルに「ALLEGGERITA CARBONIO 35.6」の刻印が入る。
サイドシルに「ALLEGGERITA CARBONIO 35.6」の刻印が入る。拡大
「シトラスイエロー」でコーディネートされた「アレッジェリータ カーボニオ35.6」のインテリア。
「シトラスイエロー」でコーディネートされた「アレッジェリータ カーボニオ35.6」のインテリア。拡大
「Grigio Hiroshima」と呼ばれるマットグレーに塗られた「アレッジェリータ カーボニオ35.6」。
「Grigio Hiroshima」と呼ばれるマットグレーに塗られた「アレッジェリータ カーボニオ35.6」。拡大

F8トリブート アレッジェリータ カーボニオ35.6は、中国・四国エリアのフェラーリ正規ディーラー、エムオート イタリアの20周年を記念して製作されたテイラーメイドモデル。エムオート イタリアの拠点が広島であることから、「瀬戸内海の青」「シトラスのイエロー」「毛利元就」という3つのテーマに着目し、フェラーリのデザイン最高責任者フラビオ・マンゾーニ氏が率いるプロジェクトチームがデザインを行ったという。

同車は2台のみの限定モデルで、うち1台目は白を基調としてブルーパールをちりばめた「Bianco Hiroshima」、もう1台は鍛造された鏃(やじり)をイメージしマットグレーに塗られた「Grigio Hiroshima」。いずれも安芸(現在の広島県)の名将、毛利元就が遺(のこ)した三子教訓状に由来する伝説「3本の矢」をイメージする特別なアクセントがサイドに施されている。

車名のアレッジェリータ カーボニオ35.6は、カーボンパーツを随所に用い、スタンダードモデルより35.6kg軽量化したことに由来。リアのバルクヘッドに備わるプレートとサイドシルにイタリア語で「ALLEGGERITA CARBONIO 35.6」との刻印が入り、エンジンルームにはマンゾーニ氏本人の直筆サインが記されている。

(webCG)

関連キーワード:
F8トリブート, フェラーリ, 自動車ニュース