漆黒で内外装をコーディネートした限定車「BMW 8シリーズ フローズンブラックエディション」発売

2021.07.02 自動車ニュース
BMW 8シリーズ フローズンブラックエディション
BMW 8シリーズ フローズンブラックエディション拡大

BMWジャパンは2021年6月30日、漆黒で内外装を統一した特別仕様車「BMW 8シリーズ フローズンブラックエディション」の注文受け付けをオンラインストア限定で開始した。

「840iグランクーペ フローズンブラックエディション」のインテリア。「Bowers & Wilkinsダイヤモンドサラウンドサウンドシステム」を標準装備している。
「840iグランクーペ フローズンブラックエディション」のインテリア。「Bowers & Wilkinsダイヤモンドサラウンドサウンドシステム」を標準装備している。拡大
「Mスポーツシート」は、ブラックの「エクステンデッドレザーメリノ」で仕立てられている。
「Mスポーツシート」は、ブラックの「エクステンデッドレザーメリノ」で仕立てられている。拡大
「840iグランクーペ フローズンブラックエディション」のリアシート。グランクーペには電動パノラマガラスサンルーフが標準装備される。
「840iグランクーペ フローズンブラックエディション」のリアシート。グランクーペには電動パノラマガラスサンルーフが標準装備される。拡大
ブラックの「Mライトアロイホイール728M」は20インチサイズ。
ブラックの「Mライトアロイホイール728M」は20インチサイズ。拡大

今回の8シリーズ フローズンブラックエディションは、最高出力340PS、最大トルク500N・mを発生する3リッター直6ガソリンターボエンジン搭載の「840i Mスポーツ」がベースとなっており、「クーペ」と「グランクーペ」が用意される。ボディーカラーはマット調の「BMWインディビジュアル フローズンブラック」。キドニーグリルやテールパイプ、20インチ「Mライトアロイホイール728M」「Mスポーツブレーキキャリパー」など、外装は黒で統一されている。

インテリアにおいては、専用装備となる黒の「Mスポーツシート」に加え、アンソラジット色の「BMW Individualアルカンターラルーフライナー」やブラックの「エクステンデッドレザーメリノ」「BMW Individualピアノブラックトリム」などを用いてダークカラーで統一。「Bowers & Wilkinsダイヤモンドサラウンドサウンドシステム」も装備され、グランクーペには電動パノラマガラスサンルーフも備わる。

価格は840iクーペ フローズンブラックエディションが1500万円(限定5台)、840iグランクーペ フローズンブラックエディションが1510万円(同15台)。

(webCG)

関連キーワード:
8シリーズ クーペ, 8シリーズ グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • 第207回:漢の長押し 2021.5.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。BMWの誇る高性能スポーツモデル「M4クーペ」を駆り、首都高でその走りを楽しむ……はずが、こよいはあいにくの雨模様である。果たして510PSのパフォーマンスを味わうことはできるのか。漢をみせてやる!
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
ホームへ戻る