第144回:すげえぞ、コンセプト4!

2019.10.01 カーマニア人間国宝への道

コンセプト4が欲しい!

先般のフランクフルトモーターショーで発表された、BMWの「コンセプト4」。これが次期「4シリーズ」のベースになるといわれるが、その上下にバカデカくなったキドニーグリルに私は度肝を抜かれた。そして思った。「カッコいい!」と。

これまで私は、BMWのキドニーグリル巨大化に否定的だった。「Z4」や「8シリーズ」の横長型も、「7シリーズ」や「X7」の全体拡大型も、なにかこう中途半端に品がなくなったようで、かといって迫力満点かといえばそうでもないように見えたのだ。といっても、今見直してみると、すでに目が慣れていてそんなに違和感ないのですが。

しかし、コンセプト4のキドニーグリルは違った。8シリーズや7シリーズのソレとは別次元!! はっきり縦に長い! 正確には、昔のキドニーグリルの縦横比に近いまま、強烈に巨大化している。ボディー全体のバランスから見ると、どう見ても鼻の穴(でよろしいですか?)がデカすぎるが、それがちっともイヤじゃなくて、不思議なほど適度な違和感&迫力満点なのだ。

バランスは決して良くないのに、なぜか「美人」と言われてしまう顔ってあるでしょう。ジャクリーン・ケネディ夫人とか、ソフィア・ローレンとか。我ながらたとえが半世紀古いですが……。鼻の穴が大きくて美人と言われる人はいないような気もするけど、コンセプト4は美人だ! 間違いない! これこそキドニーグリルの新しいあり方だ!

先代「3シリーズ」オーナーとしては、現行BMWに先代3シリーズを超えるデザインはないと思っているけど、このコンセプト4には負けた! これだったら欲しい! マジです。

でも、世間の反応はどうなんだろう。

BMWコンセプト4
BMWコンセプト4拡大
BMW Z4
BMW Z4拡大
BMW 8シリーズ グランクーペ
BMW 8シリーズ グランクーペ拡大
BMW 7シリーズ
BMW 7シリーズ拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.2.4 試乗記 ディーゼルエンジンにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせた「メルセデス・ベンツE350de」。「Eクラス」に初搭載されたこのパワーユニットの実力を確かめるべく、東京・都心から郊外へと、休日の使い方を想定したロングドライブに連れ出してみた。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • これは“超革新”だ! 次期「スバル・レヴォーグ」でわかっていること 2020.1.17 デイリーコラム 2020年の後半に発売をひかえる、次期「スバル・レヴォーグ」。オートショーでのプロトタイプ展示や関係者への取材を通して、新型ならではの注目すべきポイントが次第に見えてきた。
  • 第34回:BMW 3シリーズ(後編) 2019.5.22 カーデザイナー明照寺彰の直言 従来のモデルを大事にし、より洗練させていくのがBMWデザインの真骨頂……のはずが、新型「3シリーズ」はどうもそうはなっていない様子。自動車デザイナー明照寺彰が、次世代の大黒柱の“気になるポイント”を語るとともに、BMWデザインのゆらぎの原因を探った。
ホームへ戻る