トヨタがハイブリッドカーの新型「アクア」を発売 従来モデルから燃費を約20%改善

2021.07.19 自動車ニュース
新型トヨタ・アクア
新型トヨタ・アクア拡大

トヨタ自動車は2021年7月19日、ハイブリッドカー(HV)の新型「アクア」を発表。同日、販売を開始した。

 
トヨタがハイブリッドカーの新型「アクア」を発売 従来モデルから燃費を約20%改善の画像拡大
 
トヨタがハイブリッドカーの新型「アクア」を発売 従来モデルから燃費を約20%改善の画像拡大
 
トヨタがハイブリッドカーの新型「アクア」を発売 従来モデルから燃費を約20%改善の画像拡大
 
トヨタがハイブリッドカーの新型「アクア」を発売 従来モデルから燃費を約20%改善の画像拡大
 
トヨタがハイブリッドカーの新型「アクア」を発売 従来モデルから燃費を約20%改善の画像拡大
 
トヨタがハイブリッドカーの新型「アクア」を発売 従来モデルから燃費を約20%改善の画像拡大
 
トヨタがハイブリッドカーの新型「アクア」を発売 従来モデルから燃費を約20%改善の画像拡大
 
トヨタがハイブリッドカーの新型「アクア」を発売 従来モデルから燃費を約20%改善の画像拡大
 
トヨタがハイブリッドカーの新型「アクア」を発売 従来モデルから燃費を約20%改善の画像拡大
 
トヨタがハイブリッドカーの新型「アクア」を発売 従来モデルから燃費を約20%改善の画像拡大
 
トヨタがハイブリッドカーの新型「アクア」を発売 従来モデルから燃費を約20%改善の画像拡大

バッテリーに「バイポーラ型ニッケル水素電池」を採用

トヨタ・アクアは、車内空間の広さと優れた燃費性能を特徴とするコンパクトなハイブリッド専用車として、2011年に登場。これまでにグローバルで約187万台が販売されてきた(北米仕様の「プリウスc」を含む)。新型はその2代目のモデルにあたり、初代が掲げていた「次の10年を見据えたコンパクトカー」というコンセプトを継承・進化させ、「さらに次の10年を見据えたコンパクトカー」として、毎日楽しく使えることや、安全・安心かつ快適に乗れること、そして高度な環境性能を追求したモデルとなっているという。

従来型より駆動システムもプラットフォームも刷新しており、特に前者については、ガソリンエンジンに動力分割機構とモーター/ジェネレーターを組み合わせるハイブリッドシステム「THS II」は踏襲しつつ、バッテリーにバイポーラ型ニッケル水素電池を採用した。駆動用車載電池としてはこれが世界初の採用となるバイポーラ型ニッケル水素電池は、高出力であることが特徴で、新型アクアに搭載されるものは従来型のニッケル水素電池の約2倍という出力を実現。アクセル操作に対する応答性の向上や、低速からのリニアでスムーズな加速に寄与している。また電気だけで走行できる速度域を拡大したことで、普段使いの多くのシーンで、エンジンを使わずに走れるようになったという。

一方、1.5リッターのガソリンエンジンも、“ダイナミックフォースエンジン”と総称される従来型より新しい世代に属する「M15A-FXE」に変更。ハイブリッドシステムもアクア向けに最適化されているという。

これらの改良や新技術の採用により、新型アクアはFF車で33.6~35.8km/リッター(WLTCモード)という燃費性能を実現。同時にHVらしい軽快な走りも備えているとアピールされる。

このほかにも、ドライブモードで「POWER+モード」を選択すると回生ブレーキの強さが高まり、ブレーキペダルへの踏みかえ頻度を抑えて運転の負担を軽減する新機能「快感ペダル」を採用。4WD車「E-Four」の設定もトピックで、こちらの燃費は30.0~30.1km/リッターとアナウンスされている。

一方、車両骨格については剛性の高いTNGA(GA-B)プラットフォームに刷新しており、静粛性の向上と安定感のある走りを追求。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4050×1695×1485(4WD車は1505)mmと、従来モデルから全長・全幅はそのままに全高を高めており、50mm延びた2600mmのホイールベースとも相まって、後席の居住空間や荷室空間の拡大を図っている。

充実した装備のなかには“トヨタ製コンパクト初”のものも

装備も大幅に強化しており、特に予防安全・運転支援システムには最新世代の「Toyota Safety Sense」を全車に標準で採用。交差点での右左折時の事故にも対応したプリクラッシュセーフティーや、全車速対応型のアダプティブクルーズコントロール、同一車線内の中央を走行するよう操舵を支援するレーントレーシングアシスト、ペダル踏み間違い時の急加速を抑制するプラスサポートなどを搭載している。

さらに、操舵やブレーキ・アクセルの操作、ギアチェンジなど、駐車時における全操作を車両が支援する「トヨタチームメイト アドバンストパーク」や、前後進行方向に加え側方の静止物も検知し、警報とブレーキ制御で接触の回避を支援するパーキングサポートブレーキなど、トヨタのコンパクトカーとしてはこれが初となる機能も多数採用している。

このほかにも、車載のバッテリーを非常用電源などとして利用できるアクセサリーコンセント(AC100V/1500W)と「非常時給電モード」を全車に採用。インフォテインメントシステムとしては、これもトヨタのコンパクトカーとしては初採用となる10.5インチ大型ディスプレイオーディオを装備している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • B:198万円(FF)/217万8000円(4WD)
  • X:209万円(FF)/228万8000円(4WD)
  • G:223万円(FF)/242万8000円(4WD)
  • Z:240万円(FF)/259万8000円(4WD)

月間の販売目標台数は9800台。生産はこれまでと同じく、トヨタ自動車東日本の岩手工場で行われる。

(webCG)

◆関連ニュース:トヨタが新開発のバイポーラ型ニッケル水素電池を新型「アクア」に搭載

関連キーワード:
アクア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ アクア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る