クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

誰におすすめ? ベストグレードは? トヨタのコンパクトHV「アクア」を分析する

2021.11.11 デイリーコラム

身近なところにいるライバル

新型「トヨタ・アクア」が2021年7月にデビューしてから、約4カ月が過ぎた。登録車の新車販売ランキング(一般社団法人日本自動車販売協会連合会・乗用車ブランド通称名別順位)で順位を見ると、8月は3位、9月は2位、10月も2位と、販売も健闘しているようだ。そこで当記事では、あらためて「アクアがどんなクルマなのか?」を掘り下げてみたい。「ヤリス」とはどう違うのか、どんな人におすすめなのかを解説しよう。

アクアを考えるとき、避けては通れない存在がある。それが同じトヨタのコンパクトカーであるヤリスだ。アクアとヤリスは同じプラットフォーム、同じパワートレインを使う、同じクラスのコンパクトカーだ。言ってしまえば兄弟のような関係である。しかし、似ているからこそ、その2台の違いに注目するほど、アクアの個性がより鮮明に見えてくる。そんなわけで、まずはアクアとヤリスの比較から始めよう。

プラットフォームは、どちらもコンパクトカー用の「TNGA」プラットフォーム(GA-B)を使用する。ボディー寸法は、アクアが全長×全幅×全高=4050×1695×1485mm、ホイールベース=2600mm。ヤリスが全長×全幅×全高=3940×1695×1500mm、ホイールベース=2550mmだ。似たようなサイズだが、アクアのほうが全長が110mm長く、ホイールベースも50mm長い。この違いにより、室内空間と荷室の広さはアクアが勝る。またアクアはバックドアの開口部も上下で800mmと大きい。荷室については、使い勝手の面でもアクアが上といえるだろう。

高い燃費性能と優れたユーティリティー性を併せ持つ、トヨタのハイブリッドコンパクトカー「アクア」。現行型は2代目のモデルにあたる。価格は198万円から259万8000円。
高い燃費性能と優れたユーティリティー性を併せ持つ、トヨタのハイブリッドコンパクトカー「アクア」。現行型は2代目のモデルにあたる。価格は198万円から259万8000円。拡大
「アクア」と主要コンポーネンツを共用する「ヤリス」。トヨタは同じBセグメントに2つのコンパクトカーをラインナップしているのだ。価格は199万8000円から252万2000円(ハイブリッド車のみ)。
「アクア」と主要コンポーネンツを共用する「ヤリス」。トヨタは同じBセグメントに2つのコンパクトカーをラインナップしているのだ。価格は199万8000円から252万2000円(ハイブリッド車のみ)。拡大
中身も外身も引き締まった「ヤリス」に対し、ゆとりある車内空間が「アクア」の特徴。後席の居住スペースはこちらのほうが広く、荷室容量も大きい。
中身も外身も引き締まった「ヤリス」に対し、ゆとりある車内空間が「アクア」の特徴。後席の居住スペースはこちらのほうが広く、荷室容量も大きい。拡大

バッテリーの違いがもたらす走りの差

パワートレインはハイブリッド専用車のアクアが1.5リッター3気筒エンジン+モーターで、システム最高出力が116PS(85kW)、燃費はFF車で33.6~35.8km/リッターとなっている。一方、ヤリスは1リッターと1.5リッターの純エンジン車もあるが、ハイブリッド車にはアクアと同じパワートレインが搭載され、その燃費はFF車で35.4~36.0km/リッターである。燃費でヤリスが上回るのは、車両重量がやや軽いのが主な理由だろう。とはいえ、その差は1~2km/リッターほど。お財布への影響は、ほんのわずかなモノだ。

ハイブリッドに使う二次電池は、ヤリスがリチウムイオン電池(容量4.3Ah)だけなのに対して、アクアは同じリチウムイオン電池をエントリーグレードに、新開発のバイポーラ型ニッケル水素電池(同5.0Ah)をその他のグレードにと使い分けている。

この点、ちょっと電池に詳しい人なら「上級グレードに古いニッケル水素電池を使うの?」と思うかもしれないが、新しいバイポーラ型ニッケル水素電池は、既存のニッケル水素電池より高出力化&小型化されており、結果的にモジュール全体で約2倍の出力を実現したという。これにより、アクアはヤリスよりEV走行できる速度領域が拡大。ヤリスがだいたい20km/hまでなのに対し、アクアの上級モデルは、およそ40km/hまでの速度域をモーターだけで走れるようになった。

加えて2台の違いとして挙げたいのが、AC100V・1500Wのアクセサリーコンセントの有無だ。これをアクアは全車標準としたのに対し、ヤリスではメーカーオプションとなっている。万一の災害時はもちろん、アウトドアレジャーでも活用できる装備だけに、この差は大きいのではないだろうか。

「アクア」と「ヤリス」のハイブリッド車には、基本的に同じパワートレインが搭載される。
「アクア」と「ヤリス」のハイブリッド車には、基本的に同じパワートレインが搭載される。拡大
車体の軽さもあってか、カタログ上の燃費では「ヤリス」のハイブリッドモデルに軍配が上がる。
車体の軽さもあってか、カタログ上の燃費では「ヤリス」のハイブリッドモデルに軍配が上がる。拡大
エントリーグレードの「B」を除き、「アクア」に搭載されるバイポーラ型ニッケル水素電池。ひとつの容器内でセルを背中合わせに積層したような構造が特徴で、コンパクト化と高出力化を実現している。
エントリーグレードの「B」を除き、「アクア」に搭載されるバイポーラ型ニッケル水素電池。ひとつの容器内でセルを背中合わせに積層したような構造が特徴で、コンパクト化と高出力化を実現している。拡大
「アクア」では全グレードにAC100V・1500W電源が標準装備される。
「アクア」では全グレードにAC100V・1500W電源が標準装備される。拡大

ニッポンのコンパクトとして幅広いカスタマーに訴求

まとめると、2台の違いは「若干アクアが大きくて、室内・荷室が広い」「パワーは同じで、燃費はちょっとヤリスがいい」「EV走行領域はアクアのほうが広い」「アクアは給電能力が標準」となる。この差から感じられるのは、アクアのほうが実用性が高いというか、想定される用途が幅広いということだ。

トヨタの開発者も、両車の違いを「アクアは国民車として日本に合ったクルマをつくりたかった」「ヤリスは操る楽しみが主眼であり、運動性能を重視しているが、アクアはダウンサイザーのお客さまも多いので、上質さや洗練された雰囲気を大切にしている」と説明。実際、アクアは静粛性や取り回しのしやすさも磨きこまれている。

加えて挙げると、アクアは先代モデルの販売のうち、約3割がビジネスユース(社用車)であったという。つまり、フリート顧客にクルマ初心者、そしてダウンサイザーと、幅広いユーザーがターゲットとなっているのだ。グローバルカーのヤリスに対し、アクアはこの2代目で日本国内専用車となったが、そのカスタマーの幅広さからして、まさに“日本の国民車”といえる存在なのだ。

かように幅広いカスタマーに訴求するアクアだが、ではアナタなら、どんな仕様を選ぶべきか。アクアにはエントリーグレードから順に「B」「X」「G」「Z」という4つのバリエーションがある。「グレードが多くて迷いそう」と思うかもしれないが、意外や中身はシンプルだ。まずBグレードは、装備が簡素で電池も通常のリチウムイオン電池を搭載する。軽量なので燃費性能は最も優れるが、これはハッキリ言ってビジネス向けだ。普通に使うなら、下から2番目のXがエントリーで、次のGがミドル、そしてZが豪華装備の最上級となる。ここから“松竹梅”の感覚で選べばいいだろう。

3グレードの主な違いは、内外装の仕様やインフォテインメント関連の装備となるが、注目してほしいのはむしろ快適性の差。XよりGやZのほうが遮音が入念で、またスーパーUVカット/IR<赤外線>カット機能付きフロントドアガラスや、空気清浄効果のある「ナノイーX」が標準装備されるのだ。夏の暑さや日焼けが気になる人、小さな子供を乗せる機会が多い人などは、この点にも留意しておくべきだろう。

初代のころから、幅広いカスタマーをターゲットとしてきた「アクア」。さまざまな用途に応える懐の深さが身上だ。
初代のころから、幅広いカスタマーをターゲットとしてきた「アクア」。さまざまな用途に応える懐の深さが身上だ。拡大
「B」「X」「G」「Z」の4つのグレードが設定される「アクア」だが、最廉価の「B」はいわゆる“ビジネス仕様”。内外装は簡素で、装備もシンプルなものとなっている。
「B」「X」「G」「Z」の4つのグレードが設定される「アクア」だが、最廉価の「B」はいわゆる“ビジネス仕様”。内外装は簡素で、装備もシンプルなものとなっている。拡大
最上級グレード「Z」には、アルミホイールや10.5インチの大画面ディスプレイオーディオなどが標準装備される。
最上級グレード「Z」には、アルミホイールや10.5インチの大画面ディスプレイオーディオなどが標準装備される。拡大
「G」と「Z」(写真)の2グレードは、フロントウィンドウが高遮音タイプとなっていたり、空調に空気清浄効果のある「ナノイーX」機能が付いていたりと、快適性でも下の2グレードと大きな違いがみられる。
「G」と「Z」(写真)の2グレードは、フロントウィンドウが高遮音タイプとなっていたり、空調に空気清浄効果のある「ナノイーX」機能が付いていたりと、快適性でも下の2グレードと大きな違いがみられる。拡大

気になる“あのクルマ”との違い

最後に、ライバルについてもちょっと触れておきたい。アクアの最大の競合車種は、最新モデルでハイブリッド専用車となった「日産ノート」だろう。キャラクターが優等生的でアクアに類似しているうえに、サイズ的にも全長×全幅×全高=4045×1695×1505mm、ホイールベース=2580mmと、これも非常に近いのだ。くしくもパワートレインの最高出力は116PS(85kW)と、これまたアクアと同じだ。

しかし、ノートのハイブリッドシステム「e-POWER」は、タイヤの駆動はモーター、発電はエンジンと、役割を完全に分けていることが特徴だ。走行はすべてモーター駆動となるので、ドライブフィールは非常に電気自動車に近い。アクアとの最大の違いは、このフィーリングではないだろうか。未来的な走りを求めるならノートがおすすめ。ただし燃費はアクアが勝るので、そこにこだわらないならアクアがおすすめ、となるだろう。

ちなみに、2021年11月10日時点におけるアクアの納車待ちは、約3カ月とのこと。最近は半導体不足などで納車待ちが延びる車種が増えており、このクルマも、今後納期がどうなるかは不透明である。欲しい人は、早めにディーラーに相談してみよう。

(文=鈴木ケンイチ/写真=トヨタ自動車、日産自動車/編集=堀田剛資)

ライバル関係にある車種といえば、この世代からハイブリッド専用モデルとなった「日産ノート」が挙げられる。価格は202万9500円から244万5300円。
ライバル関係にある車種といえば、この世代からハイブリッド専用モデルとなった「日産ノート」が挙げられる。価格は202万9500円から244万5300円。拡大
「トヨタ・アクア」ではエンジンとモーターの両方がタイヤを駆動するのに対し、「日産ノート」のパワートレインでは、エンジンは発電に専念し、タイヤを回すのはモーターの役割となる。この仕組みの違いが、運転感覚にも表れている。
「トヨタ・アクア」ではエンジンとモーターの両方がタイヤを駆動するのに対し、「日産ノート」のパワートレインでは、エンジンは発電に専念し、タイヤを回すのはモーターの役割となる。この仕組みの違いが、運転感覚にも表れている。拡大
コロナ禍や半導体不足などの影響により、新車の“納車遅れ”が問題となっている昨今。「トヨタ・アクア」も現時点で「納期は3カ月程度」とアナウンスされている。
コロナ禍や半導体不足などの影響により、新車の“納車遅れ”が問題となっている昨今。「トヨタ・アクア」も現時点で「納期は3カ月程度」とアナウンスされている。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ アクア の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。