新型「アウディRS 3スポーツバック/RS 3セダン」デビュー 走行性能がさらに向上

2021.07.21 自動車ニュース
左から、新型の「アウディRS 3スポーツバック」と「同RS 3セダン」。(写真はいずれも欧州仕様車)
左から、新型の「アウディRS 3スポーツバック」と「同RS 3セダン」。(写真はいずれも欧州仕様車)拡大

独アウディは2021年7月19日(現地時間)、ハイパフォーマンスモデル「RS 3スポーツバック」「RS 3セダン」の新型を発表した。

 
新型「アウディRS 3スポーツバック/RS 3セダン」デビュー 走行性能がさらに向上の画像拡大
 
新型「アウディRS 3スポーツバック/RS 3セダン」デビュー 走行性能がさらに向上の画像拡大
 
新型「アウディRS 3スポーツバック/RS 3セダン」デビュー 走行性能がさらに向上の画像拡大
 
新型「アウディRS 3スポーツバック/RS 3セダン」デビュー 走行性能がさらに向上の画像拡大
 
新型「アウディRS 3スポーツバック/RS 3セダン」デビュー 走行性能がさらに向上の画像拡大

走りの新技術を満載

アウディのRS 3スポーツバック/RS 3セダンは、コンパクトモデル「A3スポーツバック/A3セダン」をベースとする高性能モデル。今回、A3の世代交代に合わせて新型がローンチされた。

そのキモとなるのは、2.5リッター直列5気筒ターボエンジン。最高出力は先代と同じ400PSながら、最大トルクは20N・m増しの500N・mを発生する。今回発表された0-100km/hの加速タイムは3.8秒。速度リミッターで制限される250km/hの最高速度は、オプション「RSダイナミックパッケージ」「セラミックブレーキ」の装着により290km/hにまで引き上げられる。

組み合わされるトランスミッションは7段デュアルクラッチ式ATで、駆動方式は4WD。アウディ車として初めてトルクスプリッターが標準装備されており、コーナリング時には大きな負荷がかかる外側リアホイールの駆動トルクを増加させ、アンダーステアの傾向を大幅に軽減する。

ドリフト専用の「RSトルク リア」と呼ばれるモードを選択すると、このトルクスプリッターのトルク配分曲線が専用のセットアップへと変化。サーキット専用設計のRSパフォーマンスモードでは、トルクスプリッターはアンダーステアとオーバーステアを可能な限り抑え込む仕様となり、極めてダイナミックでスポーティーな走りを実現するとアピールされる。

このほか足まわりでは、前後のキャンバー角がA3のものに比べ、フロントは約1度、リアは約0.5度、ネガティブなセッティングとなっている。フロントアクスルにはサブフレームやスタビライザーが備わり、リアアクスルは別体式のスプリング&ダンパーとサブフレーム、チューブラースタビライザーバーで構成される4リンクタイプとなっている。

「モジュラービークルダイナミクスコントローラー(mVDC)」と呼ばれる集中制御システムが備わるのもトピック。トルクスプリッター、アダプティブダンパー、ホイールセレクティブトルクコントロールを同期させ、正確なステアリングと取り回しを実現。特にワインディングロードにおける敏しょう性が向上するという。

 
新型「アウディRS 3スポーツバック/RS 3セダン」デビュー 走行性能がさらに向上の画像拡大
 
新型「アウディRS 3スポーツバック/RS 3セダン」デビュー 走行性能がさらに向上の画像拡大
 
新型「アウディRS 3スポーツバック/RS 3セダン」デビュー 走行性能がさらに向上の画像拡大
 
新型「アウディRS 3スポーツバック/RS 3セダン」デビュー 走行性能がさらに向上の画像拡大
 
新型「アウディRS 3スポーツバック/RS 3セダン」デビュー 走行性能がさらに向上の画像拡大

レーシーなムード満点

外観上は、ワイドな「RSバンパー」や大きく張り出したホイールアーチ、ディフューザーが統合された「RS専用リアバンパー」、2つの大きな楕円(だえん)形テールパイプを備えた「RSエキゾーストシステム」などが特徴。標準のホイールは10-Yスポークデザインの19インチ鋳造ホイールで、RSロゴが添えられた5-Yスポークホイールと「ピレリPゼロ“トロフェオR”パフォーマンス セミスリックタイヤ」がオプション設定される。

ボディーカラーは専用色「キャラミグリーン」「ケモラグレー」をラインナップ。セダンのルーフはコントラストカラーのブリリアントブラック仕上げにすることもできる。

一方インテリアは、カーボンファイバー製インストゥルメントパネルやRSエンボス加工が施されたRSスポーツシート、アンスラサイトのコントラストステッチなどがレーシーなムードを演出。12.3インチ液晶ディスプレイの「アウディ バーチャルコックピット プラス」には、バーグラフ状のエンジン回転数だけでなく、ラップタイムや0-100km/h加速タイム、0-200km/h加速タイム、4分の1マイル(約400m)加速タイム、8分の1マイル(約200m)加速タイムも表示できる。

新型アウディRS 3スポーツバック/セダンは、欧州では2021年8月半ばから注文の受け付けが始まり、同年秋に販売が開始される。前者RS 3スポーツバックのベース価格は6万ユーロ(邦貨にして約780万円)、 RS 3セダンのベース価格は6万2000ユーロ(同800万円)となっている。

(webCG)

関連キーワード:
RS 3スポーツバック, RS 3セダン, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンT(MR/7AT)【試乗記】 2021.6.29 試乗記 ツーリングの「T」を車名に掲げる、ポルシェの2シーターミドシップスポーツ「718ケイマンT」。最大の特徴は、PASMやスポーツクロノパッケージ、機械式リアデフロックなどで強化したスポーツシャシーにある。果たしてその走りやいかに?
  • 第211回:究極のオッサン殺し 2021.7.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。ここ2年で劇変したアウディが気になる。エリート感あふれる「A6」もいいが、サイズ的にはやはり「A3」に興味が湧く。ならば、と試乗した高性能モデル「S3セダン」の走りにノックアウトされた!
  • ホンダ・フィットe:HEVモデューロX(FF)【試乗記】 2021.7.21 試乗記 「ホンダ・フィット」にこだわりのコンプリートカー「モデューロX」が登場。そのキモは日常の速度域でも体感可能な空力効果をもたらすというエアロパーツと、専用セッティングの足まわりの2つである。モデューロならではの走りの味わいをリポートする。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • ロータスが新型車「エミーラ」を発表 新世代製品群の旗手を担う第1弾モデル 2021.7.7 自動車ニュース 英ロータスが新型スポーツカー「エミーラ」を発表。同社の次世代商品群の第1弾となるモデルで、プラットフォームには全面的に設計を刷新したアルミシャシーを採用。ロータスとしては初となるAMG製エンジンの搭載もトピックとなっている。
ホームへ戻る