マセラティの「ギブリ」「レヴァンテ」にレーシングカー「250F」の功績をたたえる限定車登場

2021.08.02 自動車ニュース
マセラティの「レヴァンテFトリブート」(写真右)と「ギブリFトリブート」。
マセラティの「レヴァンテFトリブート」(写真右)と「ギブリFトリブート」。拡大

マセラティ ジャパンは2021年8月2日、「レヴァンテ」および「ギブリ」に特別仕様車「Fトリブート」をそれぞれ設定し、各14台の台数限定で予約注文受け付けを開始した。

「レヴァンテFトリブート」。ボディーカラーは「ロッソ・トリブート」。
「レヴァンテFトリブート」。ボディーカラーは「ロッソ・トリブート」。拡大
「レヴァンテFトリブート」のインテリア。日本仕様は右ハンドルとなる。
「レヴァンテFトリブート」のインテリア。日本仕様は右ハンドルとなる。拡大
「ギブリFトリブート」。ボディーカラーは「アズーロ・トリブート」。
「ギブリFトリブート」。ボディーカラーは「アズーロ・トリブート」。拡大
フロントフェンダーには「F tributo」ロゴがレイアウトされる。
フロントフェンダーには「F tributo」ロゴがレイアウトされる。拡大
「ギブリFトリブート」のインテリア。
「ギブリFトリブート」のインテリア。拡大

今回のFトリブートはファン・マヌエル・ファンジオがドライブしたマセラティ史上最もアイコニックなレーシングカー「250F」の功績を記念したスペシャルエディションだ。1926年4月25日にマセラティの最初のレーシングカー「ティーポ26」がタルガフローリオでアルフィオリ・マセラティとともに1500ccクラスで優勝。1954年1月17日にファン・マヌエル・ファンジオの250FでマセラティはF1デビューを果たしている。

Fトリブートにはイタリアでモータースポーツを最も体現するとされている赤をイメージした「ロッソ・トリブート」と、歴史あるモデナを象徴する明るく鮮やかな青をイメージした「アズーロ・トリブート」の特別な2色をボディーカラーに設定(各7台限定)。フェンダーやCピラーにはグロスブラックの「F tributo」ロゴがレイアウトされる。

レヴァンテFトリブートは2021年モデルの「430グランスポーツ」がベース。専用ボディーカラーのエクステリアには「ネリッシモパッケージ」を採用し、イエローのアクセントを加えている。内装にはピエノフィオーレレザーをチョイスし、エクステリアカラーに合わせたレッド、もしくはイエローの専用ステッチをあしらっている。右ハンドル仕様のみで価格は1713万円。

ギブリFトリブートは2021年モデルの「430グランスポーツ」がベース。専用ボディーカラーのエクステリアには「ネリッシモパッケージ」を採用し、イエローのアクセントを加えている。内装にはピエノフィオーレレザーをチョイスし、エクステリアカラーに合わせたレッド、もしくはイエローの専用ステッチをあしらっている。右ハンドル仕様のみで価格は1528万円。

(webCG)

関連キーワード:
レヴァンテ, ギブリ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • 日産ノート オーラNISMOプロトタイプ(FF)【試乗記】 2021.8.17 試乗記 日産自慢の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「ノート オーラ」に「NISMO」バーションが登場。レースで培ったノウハウを注ぎ込み、匠(たくみ)と呼ばれる開発ドライバーが磨きをかけたというそのパフォーマンスを、同社のテストコースで確かめた。
  • ポルシェ718ケイマンT(MR/7AT)【試乗記】 2021.6.29 試乗記 ツーリングの「T」を車名に掲げる、ポルシェの2シーターミドシップスポーツ「718ケイマンT」。最大の特徴は、PASMやスポーツクロノパッケージ、機械式リアデフロックなどで強化したスポーツシャシーにある。果たしてその走りやいかに?
  • マセラティ・レヴァンテ トロフェオ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.27 試乗記 スーパーカー並みのハイパワーを誇る、マセラティの高性能SUV「レヴァンテ トロフェオ」に試乗。どれだけ速いかは言わずもがな。むしろ驚かされたのは、その名門ブランドならではのエレガンスだった。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
ホームへ戻る