三菱自動車が新型の軽電気自動車を2022年度初頭に発売

2021.08.27 自動車ニュース

三菱自動車工業は2021年8月27日、日産自動車との合弁会社NMKVで企画・開発を進めている新開発の軽電気自動車(EV)を2022年初頭に国内で発売すると発表した。

三菱の新型軽EVは、EVならではの滑らかで力強い走りと高い静粛性を実現するとともに、運転支援システムをはじめとしたさまざまな先進技術を搭載するという。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3395×1475×1655mmで、駆動用バッテリーの総電力量は20kWh。日常走行に十分な容量を確保するとともに、蓄えた電力をV2H機器を介して家庭に供給したり非常用電源として活用したりできる。

車両本体価格から補助金額(2021年度と同額を想定)を差し引いた実質的な購入金額は、約200万円からとなる見込みだ。

三菱は2009年6月に世界初の量産EVとして「i-MiEV」を発売。軽商用EV「ミニキャブMiEV」「ミニキャブMiEVトラック」も投入している。

(webCG)

三菱が2009年に発売した「i-MiEV」。当初は軽規格だったが、歩行者保護を目的としたバンパー形状変更により、2018年からは登録車として販売された。
三菱が2009年に発売した「i-MiEV」。当初は軽規格だったが、歩行者保護を目的としたバンパー形状変更により、2018年からは登録車として販売された。拡大

関連キーワード:
i-MiEV, 三菱, 自動車ニュース

三菱 i-MiEV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る