新車販売ランキングを席巻! 最新トヨタ車に外れがない理由

2021.09.01 デイリーコラム

水も漏らさぬSUVラインナップ

2020年、トヨタの日本国内の登録車販売台数は147万台あまり。そのシェアはとうとう50%を突破しました。

まぁ去年のことを思い出せば、誰もが予想しなかったコロナ禍で生活環境からガラリと変わってしまった、その最中の数字ですから多少のブレはあるのかも……と思いきや、今年も7月までの時点でトヨタの販売は前年比13.2%増と、登録車メーカー中でトップの伸びとなっています。車名別販売台数のトップ10を見ても8台がトヨタと、独禁法への抵触も心配になる勢いです。もっとも、トヨタが増大した理由の一端には、軽自動車に注力する一方で登録車のラインナップが形骸化した日産やホンダの日本市場戦略にあるような気もしますが。

対すればトヨタの日本における商品戦略は見事に隙なしです。例えば売れ筋のSUV&クロカン系を見てもBセグメント~Dセグメントまでをびっちりとカバー、それ以上のセグメントはコマーシャルビークル系のアーキテクチャーが調達できることもあって、国内においては「ランクル」シリーズからダブルキャブの「ハイラックス」まで用意するなど唯一無二の存在となっています。さらにそれ以下のセグメントさえ完全子会社のダイハツとの協業で網羅する徹底ぶりです。そのクルマ「ライズ」は今年上半期の販売ランキングで6位に、そして5位には販売店網の熱望でディスコン回避となった「ハリアー」がしっかり入っています。ちなみにこのカテゴリー、現状は日産もホンダも2車種しか投入できていません。

11万9112台が販売され、2021年の上半期(1~6月)の登録車販売台数1位となった「トヨタ・ヤリス」。
11万9112台が販売され、2021年の上半期(1~6月)の登録車販売台数1位となった「トヨタ・ヤリス」。拡大
2021年上半期の登録車販売台数ランキング7位の「日産ノート」。トヨタ車以外でトップ10に入ったのはこれと「ホンダ・フリード」(9位)のみ。
2021年上半期の登録車販売台数ランキング7位の「日産ノート」。トヨタ車以外でトップ10に入ったのはこれと「ホンダ・フリード」(9位)のみ。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(後編) 2021.5.20 谷口信輝の新車試乗 2020年9月の発売以来、クルマ好きの視線を集めてきた「トヨタGRヤリス」。その走りにおいて、真に評価すべきポイントとは何か? あまたの高性能モデルを知るレーシングドライバー谷口信輝は、こう考える。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編) 2021.5.13 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝が試乗したのは、モータースポーツで戦うことも視野に入れて開発された「トヨタGRヤリス」。専用ボディーや新開発エンジンを持つこだわりの高性能ハッチバックを、プロはどう評価する?
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
ホームへ戻る