「レクサスRC F」の一部改良モデル登場 “パフォーマンスパッケージ”に専用内装色を設定

2021.09.02 自動車ニュース
レクサスRC F“パフォーマンスパッケージ”
レクサスRC F“パフォーマンスパッケージ”拡大

トヨタ自動車は2021年9月2日、レクサスブランドのハイパフォーマンスクーペ「RC F」を一部改良し、同年10月に発売すると発表した。

“パフォーマンスパッケージ”専用内装色の「ブラック&アクセントブルー」。
“パフォーマンスパッケージ”専用内装色の「ブラック&アクセントブルー」。拡大

今回の一部改良では日本のSUPER GTや米国のデイトナ24時間レースなどのモータースポーツで培った技術を応用した高性能バージョン“パフォーマンスパッケージ”に専用内装色の「ブラック&アクセントブルー」を設定。「F」を象徴するブルーをフロントシートやシートベルト、ステアリングホイール、メーターフードなどにアクセントカラーとしてあしらっている。また、フロントシートに使用している滑り止め効果のあるアルカンターラをステアリングホイールとシフトノブにも新たに採用し、グリップ感の向上を図っている。

このほか、マットブラック塗装を施した10本スポークの19インチ鍛造アルミホイールを新たに設定(“カーボンエクステリアパッケージ”に標準設定、標準車ではオプション)。全モデルでRC F限定となる新デザインのスカッフプレートを採用した。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • RC F:1052万円
  • RC F“カーボンエクステリアパッケージ”:1052万円
  • RC F“パフォーマンスパッケージ”:1449万円

(webCG)

関連キーワード:
RC F, レクサス, 自動車ニュース