「メルセデス・ベンツGクラス」のEVバージョン登場

2021.09.06 自動車ニュース
コンセプトEQG
コンセプトEQG拡大

独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、新たな電気自動車(EV)のコンセプトカー「コンセプトEQG」を世界初披露した。

 
「メルセデス・ベンツGクラス」のEVバージョン登場の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツGクラス」のEVバージョン登場の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツGクラス」のEVバージョン登場の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツGクラス」のEVバージョン登場の画像拡大

コンセプトEQGはメルセデス・ベンツのオフローダー「Gクラス」のEVバージョンを示唆するとされるモデルだ。Gクラスの特徴的な外観にメルセデスの「EQ」シリーズと同じデザイン要素が付与されており、コンセプトモデルながら市販型に近い姿であるという。

角ばったフォルムや丸いヘッドライト、フロントフードの端にレイアウトされたウインカーなどの特徴的な要素をGクラスから受け継ぎつつ、フロントグリルには「EQS」などと同様のブラックパネルタイプを採用。中央のスリーポインテッドスターを囲むように青いドットがレイアウトされる。同じくGクラスの特徴的な装備であるボディーまわりのモールは、LEDによってライトアップ。ボディー背面のスペアホイールカバーは角形に変更され、充電ケーブルなどを保管できるようにしている。

ラダーフレームシャシーとフロント:独立懸架式、リア:リジッド式の足まわりもGクラスを踏襲。リアアクスルはモーター駆動化に合わせて新規に開発されている。パワートレインの詳細は明らかにされていないが、全4個のモーターがそれぞれのホイール近くに搭載され、各輪を個別に制御。シフト可能な2段ギアボックスの採用も合わせて、“G”に要求されるオフロード性能を満たすという。

(webCG)

◆メルセデス・ベンツ・コンセプトEQGのもっと詳しい写真はこちら

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Gクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.14 試乗記 誕生からおよそ40年を経て初のフルモデルチェンジを迎えた、メルセデスのヘビーデューディーSUV「Gクラス」。見た目はかつてのままのようだが、その乗り味は……? “変わったところ”と“変わらぬところ”を、「G550」に試乗して確かめた。
  • 専用22インチホイールを履いた「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車限定発売 2020.3.24 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年3月24日、「メルセデス・ベンツGクラス」に特別仕様車「AMG G63 STRONGER THAN TIME EDITION(ストロンガーザンタイムエディション)」を設定し、250台の台数限定で発売した。
  • 内外装を黒で統一した「メルセデス・ベンツGクラス」登場 2019.4.15 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年4月15日、「メルセデス・ベンツGクラス」に特別仕様車「AMG G63エディションマットブラック」を設定し、同年5月12日までの期間限定で注文受け付けを開始した。
ホームへ戻る