日産が「GT-R」の2022年モデルを発表 特別仕様車「T-spec」を合計100台限定で発売

2021.09.14 自動車ニュース
日産GT-RプレミアムエディションT-spec
日産GT-RプレミアムエディションT-spec拡大

日産自動車は2021年9月14日、ハイパフォーマンスモデル「日産GT-R」の2022年モデルと、同車をベースとする特別仕様車「T-spec」を2モデル発表した。

「日産GT-Rトラックエディションengineered by NISMO T-spec」のエクステリア。写真の外装色は新色の「ミッドナイトパープル」。
「日産GT-Rトラックエディションengineered by NISMO T-spec」のエクステリア。写真の外装色は新色の「ミッドナイトパープル」。拡大
「日産GT-RプレミアムエディションT-spec」の3.8リッターV6ツインターボエンジン。最高出力570PS、最大トルク637N・mというパフォーマンスに変更はない。
「日産GT-RプレミアムエディションT-spec」の3.8リッターV6ツインターボエンジン。最高出力570PS、最大トルク637N・mというパフォーマンスに変更はない。拡大
「日産GT-RプレミアムエディションT-spec」のエンブレム。写真のボディーカラーは新色の「ミレニアムジェイド」。
「日産GT-RプレミアムエディションT-spec」のエンブレム。写真のボディーカラーは新色の「ミレニアムジェイド」。拡大
「日産GT-RプレミアムエディションT-spec」のコックピット。カラーリングや使用素材などは専用仕立てで、職人の手作業によるステッチが施されている。
「日産GT-RプレミアムエディションT-spec」のコックピット。カラーリングや使用素材などは専用仕立てで、職人の手作業によるステッチが施されている。拡大
「日産GT-RプレミアムエディションT-spec」のシート。本革とパールスエードのコンビネーションは、同モデル専用となる。
「日産GT-RプレミアムエディションT-spec」のシート。本革とパールスエードのコンビネーションは、同モデル専用となる。拡大

今回発表の特別仕様車に用いられたT-specという名称は、“時代を導くという哲学”であり、GT-Rの在り方やその時代をけん引するクルマであり続けるという願いを表現した「Trend Maker(トレンドメーカー)」と、“しっかりと地面を捉え駆動する車両”という開発におけるハードウエアへの考えを表した「Traction Master(トラクションマスター)」の頭文字から名づけられたという。

特別仕様車は「日産GT-RプレミアムエディションT-spec」と「日産GT-Rトラックエディションengineered by NISMO T-spec」の2モデルで、いずれも専用カーボンセラミックブレーキやカーボン製リアスポイラー、専用エンジンカバー、専用バッジ(フロント、リア)を特別装備。日産GT-RプレミアムエディションT-specではこれらに加え、専用の内装やレイズ製アルミ鍛造ホイール(ブロンズ)、専用チューンのサスペンションが採用されている。

いっぽうの日産GT-Rトラックエディションengineered by NISMO T-specには、専用のカーボン製ルーフやカーボン製トランクリッド(トリムレス、本革プルストラップレス仕様)が採用されている。

両モデルのボディーカラーには、新色の「ミッドナイトパープル」と「ミレニアムジェイド」を設定。ミッドナイトパープルは、R33型「スカイラインGT-R」以降の歴代GT-Rに採用されてきた色の進化版で、ミレニアムジェイドは、グリーンの色調で静かななかにも存在感のある「洗練された佇(たたず)まい」を表現。金属的なグレイッシュメタリックに仕上げることで、GT-Rの存在感を引き出したと紹介されている。

T-specは、両モデル合わせて100台限定(予定)の抽選販売で、申し込み期間は2021年9月15日から同年9月29日までとなっている。2022年モデルについては従来型からの変更点のアナウンスなどはなく、同年10月下旬に販売が開始される。

ラインナップと価格は以下の通り。

【日産GT-R 2022年モデル】

  • GT-Rピュアエディション:1082万8400円
  • GT-Rブラックエディション:1277万2100円
  • GT-Rプレミアムエディション:1232万9900円
  • GT-Rトラックエディションengineered by NISMO:1463万6600円

【日産GT-R 2022年モデル特別仕様車】(合計100台限定の抽選販売)

  • GT-RプレミアムエディションT-spec:1590万4900円
  • GT-Rトラックエディションengineered by NISMO T-spec:1788万1600円

(webCG)

関連キーワード:
GT-R, 日産, 自動車ニュース

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2021.1.16 画像・写真 日産が「GT-R50 by Italdesign」のテストカーを東京・銀座の「NISSAN CROSSING」に展示。「GT-R NISMO」をベースに伊イタルデザインと共同開発したモデルで、2021年中旬より順次納車が開始されるという。世界限定50台のスペシャルモデルを、写真で紹介する。
  • 日産が「GT-R NISMO/GT-R NISMOスペシャルエディション」2022年モデルの価格を発表 2021.8.5 自動車ニュース 日産自動車は2021年8月5日、2022年モデルとしてラインナップするハイパフォーマンスクーペ「日産GT-R NISMO」と、同モデルベースの特別仕様車「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」の価格を発表した。
  • フェラーリSF90ストラダーレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.3 試乗記 システム出力1000PSを発生する、フェラーリのプラグインハイブリッドモデル「SF90ストラダーレ」。電動パワートレインを搭載した新時代の“跳ね馬”は、過去のどんなスーパーカーとも趣を異にする、異質な速さとドライブフィールを備えていた。
  • 新しい提案はどこに!? 新型「日産フェアレディZ」に次世代スポーツカーの資質を問う 2021.8.27 デイリーコラム いよいよ市販モデルが発表された新型「日産フェアレディZ」。3リッターV6ターボエンジンに6段MTの採用と、その中身はクルマ好きを大いに喜ばせるものだったが、同時に“物足りなさ”も感じられた。次世代のスポーツカーとして、新型Zに欠けているものとは?
  • 新型日産Z(日本名「フェアレディZ」) 2021.8.18 画像・写真 日産がアメリカで7代目となる新型「Z」(日本名「フェアレディZ」)を発表した。歴代のモデルをモチーフにしたという内外装の意匠が特徴で、エンジンには3リッターV6ターボを搭載。6段MT仕様も用意されるという。新型Zの詳細な姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る