ポルシェ911ターボSカブリオレ(前編)

2021.09.30 谷口信輝の新車試乗 最高出力650PS、価格は3000万円以上という「ポルシェ911ターボSカブリオレ」。ワインディングロードで対峙(たいじ)したレーシングドライバー谷口信輝は、この高性能スポーツカーにどんなことを思ったか?

見ただけで圧倒される

今回、われらが谷口信輝に試乗してもらうのはポルシェ911ターボSカブリオレ。フランス料理でいえばフルコース、ラーメンでいえば“全部乗せ”に相当する、「すべてがそろっていて最も豪華な911」がこのターボSカブリオレといっていいだろう。試乗車を目の前にした谷口も、その高級感に圧倒されている様子だった。
「いやあ、なんだかどこを見ても高そうなつくりですね。フロントのエアインテークまわりなんかも、何気ないようでいてつくりがものすごくいいし、このヘッドライトもいかにも高そう。それにしても、このナンバーはないよなあ」

谷口がそう残念そうに指摘したのが、フロントバンパー上に設けられた日本のナンバープレートである。
「まず、格好悪いですよね、日本のナンバーって。しかも、こんなに(天地方向に)高さがあるから、絶対にエアロダイナミクスに悪影響がありますよ。おそらくヨーロッパの背の低いナンバープレートだったら、このフロントバンパーの厚みにちょうどおさまって、エアロダイナミクスにも悪影響を与えないでしょうね。これが付いているだけで、高速域の性能はだいぶ下がっているはずです」

なんとも美意識の高い谷口らしいコメントだ。
「ターボって、『カレラ』とかとは違うワイドボディーじゃないですか。だから、迫力があってかっこいいですよね。特に、このリアの張り出しとかすごいじゃないですか」

谷口が指摘したとおり、最新のタイプ992ターボSは、同じタイプ992のカレラと比較すると全幅は48mmも幅広い1900mmと発表されている。これはタイプ991の911ターボに対して20mmの拡幅。ちなみにフロントフェンダー部分の幅も、タイプ991ターボを45mmしのぐ1840mmと発表されている。
「それにしても高そうなホイールですねえ。あと、市販車にしてはボディーとタイヤ側面の“ツライチ感”がよくできていると思います。自動車メーカーとしては、相当、頑張っているんじゃないですか」

 
ポルシェ911ターボSカブリオレ(前編)の画像拡大
 
ポルシェ911ターボSカブリオレ(前編)の画像拡大
 
ポルシェ911ターボSカブリオレ(前編)の画像拡大
 
ポルシェ911ターボSカブリオレ(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911ターボS(4WD/7AT)【試乗記】 2014.4.9 試乗記 伝統の高性能スポーツカー「ポルシェ911ターボ」がフルモデルチェンジ。最新モデルの実力を、560psを発生する“最強バージョン”「ターボS」で確かめた。
  • スバルが新型「WRX S4」を発表 最高出力275PSの2.4リッター水平対向4気筒ターボを搭載 2021.11.25 自動車ニュース スバルは2021年11月25日、スポーツセダン「WRX S4」の新型を発表した。新世代の「スバルグローバルプラットフォーム」に最高出力275PS、最大トルク350N・mの 2.4リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジンを組み合わせている。
  • トヨタGR86 RZ(FR/6MT)/GR86 RZ(FR/6AT)【試乗記】 2021.11.23 試乗記 新型「スバルBRZ」と基本的なメカニズムを共有しつつ、独自の乗り味を追求したという「トヨタGR86」。BRZと乗り比べてみると、走るステージが別というくらいに味つけのちがいが際立っていた。まずはGR86の仕上がりをリポートする。
  • ポルシェが「718ケイマンGT4 RS」の予約注文受け付けを開始 2021.11.18 自動車ニュース ポルシェジャパンは2021年11月17日、「718ケイマンGT4 RS」の導入を発表し予約注文受け付けを開始した。ニュルブルクリンクで「718ケイマンGT4」のラップタイムを23秒以上短縮したミドシップスポーツモデルだ。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)【試乗記】 2018.3.19 試乗記 「ポルシェ911 GT3」の最新モデルに試乗。“寄らば斬るぞ”と言わんばかりのド派手な空力パーツと、GT3カップカーからデチューンすることなく移植したという4リッター自然吸気フラットシックスユニットを備えた、公道のレーシングカーの実力とは?
ホームへ戻る