BEVになったらいいことずくめ!? ロールス・ロイスにみるハイエンドブランドの電動化

2021.10.11 デイリーコラム

大きいのと小さいのから始めよ

去る2021年9月末に英国の老舗ハイエンドブランド、というよりも世界一の高級車ブランド、ロールス・ロイスが「2023年にBEVのシリーズ生産モデルを市場投入する」と発表した。

BEV化を加速させる一方の欧州自動車界にあって、「ロールスよ、ついにお前もか」と思われたクルマ好きも多かったに違いない。もっとも、筆者にしてみればロールス・ロイスこそ真っ先に全車BEV化を達成すべきブランドであって、2030年までに全ラインナップを電動化などというのは「ちょいと遅すぎやしませんか」とも思った。

BEV化は両極から始めるべし。それがここ20年来の持論だ。ボリュームゾーンの性急なBEV化はさまざまなあつれきを生む。大所的なエネルギー供給を持ち出すまでもなく、それ以前の問題として、バッテリー供給とリサイクルという“ボトルネック”が解決されない限り、大量生産のゼネラルブランドがBEV化をなりふり構わず目指すことは、自分で自分(の地域の人々)の首を絞めることになりかねない。それよりも両極=とても小さいモビリティーととても大きなクルマ(高級車)から始めるほうが合理的であろう。なぜなら、小さいモビリティーであればバッテリーも小さくて済むし、高級車であれば台数を絞ることができるからである。

そのうえ、そもそもロールス・ロイスのような巨大リムジン(&今ではSUVも)は、BEVが現在抱えるさまざまな問題点(ほぼバッテリー関連だと思っていい)を“初めから”クリアしている。

英国時間の2021年9月29日にイメージが公開された、ロールス・ロイスの電気自動車(BEV)「スペクター」。
英国時間の2021年9月29日にイメージが公開された、ロールス・ロイスの電気自動車(BEV)「スペクター」。拡大
「スペクター」のディテールは現時点では明らかにされていないが、車体の基本骨格にはロールス・ロイス独自のスペースフレームアーキテクチャーが採用されている。
「スペクター」のディテールは現時点では明らかにされていないが、車体の基本骨格にはロールス・ロイス独自のスペースフレームアーキテクチャーが採用されている。拡大
公開された写真からは、「スペクター」のボディータイプは2ドアクーペのように見える。
公開された写真からは、「スペクター」のボディータイプは2ドアクーペのように見える。拡大
ロールス・ロイス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
  • ロールス・ロイス・レイス(FR/8AT)【試乗記】 2014.12.19 試乗記 ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス」に試乗。歴史ある高級車メーカーが現代に送り出す、“ドライバーズカー”の運転感覚や乗り心地を報告する。
  • 驚きの販売台数に注目! トヨタは旧型「カローラ」の販売をいつまで続けるのか? 2021.10.13 デイリーコラム 2021年9月6日にトヨタが「カローラ アクシオ/カローラ フィールダー」の一部改良を発表した。ご承知の通り、いわゆる先代モデルとなる11代目のカローラだ。新型が登場してはや2年、旧型はどんな台数規模で、どんな人々に買い支えられているのだろうか。
ホームへ戻る