第727回:喜びは“お値段以上” イタリアの観光ハイヤードライバーに密着

2021.10.14 マッキナ あらモーダ!

無人駅に黒塗りメルセデス

今回はイタリアにおける観光ハイヤー運転手のお話を。

先日、筆者のクルマが高速道路上で故障に見舞われた。クルマはロードサービスの地域代理店による陸送車で運ばれ、そのまま彼らが営む修理工場で直してもらうことになった。

修理は故障発生から5日後の夕方に完了した。

困ったのは、工場までの足である。わが家から50km以上離れている。途中までは列車で行けるのだが、先方の最寄り駅からは約15kmの距離がある。

故障当日は修理工場のクルマで駅まで送ってもらったものの、今回は自力で行かなければならない。路線バスもあるのだが、それを待っていると工場が閉まってしまう。あいにく翌日から出張だったので、今日中にクルマを引き取らなければならない。

何はともあれ家を出て、列車に飛び乗った。

最寄り駅からタクシーを拾えればと思い、SNSのメッセンジャーを通じて留守番していた女房に「Googleストリートビュー」で、駅周辺の乗り場を確認してもらう。だが「見当たらない」という。

機転を利かせた女房は「観光ハイヤー」を手配してくれた。

イタリアで観光ハイヤーは「運転手付きレンタカー」を意味する「noleggio con conducente」といい、頭文字をとって「NCC」と呼ばれている。

突然の依頼ゆえ、列車到着から15分ほど待ち時間が生じるものの、確実に修理工場まで送ってくれるという。先方が提示した料金は30ユーロ(約3900円)だ。

列車から降り立ってみると、そこは無人駅だった。構内の新聞雑誌スタンドのあるじに聞けば、案の定「ここは田舎だから、タクシーなんかないわよ」と教えてくれた。

やがて見るも痛々しい「メルセデス・ベンツEクラス(W124)」がやってきたので、「これが村の観光ハイヤーか」と背筋が凍ったが、駅併設のバールに夕方の一杯を飲みに来た地元の人だった。

やがて到着した本当の観光ハイヤーは、同じメルセデス・ベンツでも立派な黒塗りの「ヴィート」だった。ヴィートとは「Vクラス」の商用車登録仕様である。

かつて東京でライドシェアサービス「ウーバー」を試したとき、米国や欧州とは違って、タクシー会社が運営する黒塗りの「トヨタ・アルファード」が到来し、自動スライドドアがするすると開いて驚いた。今回は同じ黒塗りワンボックスでも、周囲が片田舎ゆえ、さらにインパクトがある。

9人乗りの広大な車内の第2列シートに、筆者はちょこんと収まった。運転手はジャン-マルコさんという、30代後半から40代前半の人あたりのいい男性だった。

筆者が住むトスカーナ州で観光ハイヤーは、地元の結婚式のゲスト送迎といったリクエストもあるものの、大半は外国人需要だ。いずれも公共交通機関のアクセスがよくないワイナリーや小さな村、そしてアウトレットモールといった場所に彼らを連れて行くのが主な仕事なのである。

それは、SNSにおける彼らの評価欄への書き込みの大半が外国人によるものであることからも分かる。

イタリアでは2020年から2021年の間、2回に及ぶ新型コロナウイルス対策の移動制限が実施された。彼らの仕事は、大いに影響を受けたに違いない。

聞いてみると、「2020年は数カ月にわたって、お客さんゼロの月が続きましたよ」とジャン-マルコさんは教えてくれた。そして「その間にも税金や公共料金の支払いは確実にやってきました」と苦笑する。

本欄でたびたび記してきたように、イタリアの付加価値税は22%と高率だ。その他諸税と合わせると、稼ぎの5割近くが税金に消えてゆく。日本の所得税に相当するものは前年、つまりお客さんの数が正常だった年を基準に算定されるから、今年の収入がゼロでも容赦なく課税される。

「だから私と同様にドライバーをやっている同僚は、お客さんがいない間、ワイン農園で働いていましたよ」

そういえば筆者にも、観光ハイヤーのドライバーをしている(であろう)知人がいたので、連絡してみることにした。

本文に登場するマッシミリアーノさんの営業車「メルセデス・ベンツ・ヴィート」。
本文に登場するマッシミリアーノさんの営業車「メルセデス・ベンツ・ヴィート」。拡大
「メルセデス・ベンツ・ヴィート」と並び、イタリアで観光タクシーとして人気がある「フォルクスワーゲン・マルチバン」。
「メルセデス・ベンツ・ヴィート」と並び、イタリアで観光タクシーとして人気がある「フォルクスワーゲン・マルチバン」。拡大
筆者が降り立ったシナルンガは無人駅だった。
筆者が降り立ったシナルンガは無人駅だった。拡大
シナルンガの駅舎。
シナルンガの駅舎。拡大
駅前ロータリー。この地域の他の村同様、駅は旧市街(写真奥)から、かなり離れている。
駅前ロータリー。この地域の他の村同様、駅は旧市街(写真奥)から、かなり離れている。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事