シボレー・コルベット コンバーチブル(後編)

2021.11.04 谷口信輝の新車試乗 MRの駆動方式を採用した新型「シボレー・コルベット コンバーチブル」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。OHVエンジンや走行モードの話はやがて、谷口的“アメ車論”へと発展し……。

ちょっともったいない

箱根のワインディングロードでの試乗を終えるなり、シボレー・コルベット コンバーチブルについて「楽しかった!」と語った谷口信輝。後編では、その印象をさらに掘り下げて語ってもらおう。

まずは「とても扱いやすいキャラクターです」と語った6.2リッターV8エンジンについて。
「このエンジン、バルブ駆動はOHV式だそうですが、高回転域までよく回ります。ただし、グングン回転を上げていくと、『ここから先、まだパワーがありそうだな』と思っているうちにレブリミッターにあたって、それ以上、回せなくなっているのは、ちょっともったいない感じがしました。おそらく、エンジンのライフなどを考えてレブリミッターを設定しているのでしょうが、あれだけ気持ちよく回ってくれるから、まだまだチューニングの余地がありそうな気がします。ちなみに、トラクションコントロール・オフも試しましたが、なにも起きませんでした」

トラコン・オフでもなにも起きなかったというのは、「それほどパワーがない」という意味ではなく、「ミドシップの生み出す優れたトラクション性能がV8エンジンのパワーとトルクをしっかりと受け止めた」と捉えたほうがいいだろう。

ツーリングモードにスポーツモード、さらにはレーストラックモードまでそろえたドライビングモード切り替えについても、谷口は試してくれた。
「切り替えるときにちょっと時間がかかるのが気になりました。おかげで、操作できたかどうかがわからなくて、スイッチを2回続けて押しちゃうことも何度かありました。ただし、この種のものとしてはモードごとの振れ幅がかなり大きい感じがします。それと、当たり前ですが、レーストラックモードが一番硬いですね(笑)」

ここまでコルベットの印象について語ってくれた谷口は、続いて私たち取材班に向けて次のような質問を投げかけてきた。
「この四角いステアリングホイールですが、みなさんはどう思いましたか?」

 
シボレー・コルベット コンバーチブル(後編)の画像拡大
 
シボレー・コルベット コンバーチブル(後編)の画像拡大
 
シボレー・コルベット コンバーチブル(後編)の画像拡大
 
シボレー・コルベット コンバーチブル(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(後編) 2021.11.4 谷口信輝の新車試乗 MRの駆動方式を採用した新型「シボレー・コルベット コンバーチブル」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。OHVエンジンや走行モードの話はやがて、谷口的“アメ車論”へと発展し……。
  • スバルBRZ S(前編) 2021.11.11 谷口信輝の新車試乗 登場から9年を経て第2世代へと進化した、FRスポーツカー「スバルBRZ」。新型の上級グレードにワインディングロードで試乗した、レーシングドライバー谷口信輝の印象は?
  • トヨタ・ランドクルーザーGRスポーツ(4WD/10AT)【試乗記】 2021.11.10 試乗記 14年ぶりのフルモデルチェンジでフレームシャシーからすべてが刷新された「トヨタ・ランドクルーザー」。ランクルの本質とされる信頼性と耐久性、悪路走破性は最新装備によってどれだけ強化されているのだろうか。「GRスポーツ」のディーゼルモデルに試乗した。
  • より強烈な「Z06」も登場! 史上初の“ミドシップコルベット”が快進撃を続ける理由 2021.11.5 デイリーコラム 最高出力670PSの高性能モデル「Z06」も披露されるなど、ますます勢いを増す8代目「シボレー・コルベット」。GMにとって初のMR車である“C8”が、ここまでの完成度を実現できた理由とは? あまたのファンに愛される、コルベットというクルマの特異性を解説する。
  • フェラーリ・ローマ(前編) 2021.11.28 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師がフェラーリの新型FRクーペ「ローマ」に試乗。これまで多くのフェラーリを愛車にしてきた漫画界のレジェンドは、古くて新しいコンセプトで生み出された“マラネッロの新種”をどう評価したのか。
ホームへ戻る