第42回:あるバイパー乗りのコルベット評(後編)

2021.08.28 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
ミドシップになってもコルベットはコルベット! webCG編集部きってのアメリカ車好きが、新型「シボレー・コルベット」への思いを語る。
ミドシップになってもコルベットはコルベット! webCG編集部きってのアメリカ車好きが、新型「シボレー・コルベット」への思いを語る。拡大

MR化にDCTの搭載、そして右ハンドルの設定と、話題に事欠かない新型「シボレー・コルベット」。しかし、そもそもこのクルマの魅力は、外の声におもねらないドメスティックな存在感だったはず。C8はコルベットか否か? webCG編集部唯一のアメリカ車乗りが、実車に触れて抱いた思いを語る。

某所にて撮影中の「C8コルベット」。ギョーカイ内でも雨男として名高い編集とカメラマンがタッグを組んだだけに、撮影日はご覧の通りの空模様だった。
某所にて撮影中の「C8コルベット」。ギョーカイ内でも雨男として名高い編集とカメラマンがタッグを組んだだけに、撮影日はご覧の通りの空模様だった。拡大
「コルベット」史上初となる右ハンドルの運転席まわり。ドライビングポジションは、米国市場のままであるはずの記者の「ダッジ・バイパー」より、はるかによくできている(笑)。
「コルベット」史上初となる右ハンドルの運転席まわり。ドライビングポジションは、米国市場のままであるはずの記者の「ダッジ・バイパー」より、はるかによくできている(笑)。拡大
「C8コルベット」のインテリアデザインスケッチ。記者が覚えた「ジェット戦闘機みたい(乗ったことないけど)」という感覚を、共有できれば幸いである。
「C8コルベット」のインテリアデザインスケッチ。記者が覚えた「ジェット戦闘機みたい(乗ったことないけど)」という感覚を、共有できれば幸いである。拡大
日本仕様の発表会より、助手席側から見たインテリアの図。エンターテインメント系のサムシングが皆無なうえ、センターコンソールの峰が槍ヶ岳よろしく運転席と助手席を分断している。車内でキャッキャウフフしたい人は、他のクルマを選んだほうが無難でしょう。
日本仕様の発表会より、助手席側から見たインテリアの図。エンターテインメント系のサムシングが皆無なうえ、センターコンソールの峰が槍ヶ岳よろしく運転席と助手席を分断している。車内でキャッキャウフフしたい人は、他のクルマを選んだほうが無難でしょう。拡大

モチーフはジェット戦闘機

前編に戻る)
webCGが日本仕様のシボレー・コルベットを借り出したのは、7月初めのこと。活字系ウェブメディアの間では、比較的早いほうだったのではないかと思う。機械式の駐車場が満杯だったため、雨のなかを編集部まで走ってきた真っ赤な「3LT」は、地下の平置きスペースに鎮座ましましていた。

わたくし、先行公開の左ハンドル仕様を含め、新型コルベットに見(まみ)えるのはこれで3度目である。さすがに新しい発見はないかと思っていたが、お立ち台や照明などの“演出なし”で見た印象は、やっぱり違った。ハレの日のC8は、明るい有彩色も似合う陽キャなスポーツカーという趣だったが、暗い地下駐車場で見たC8は、「トーチレッド」のボディーカラーがほのかにくすんで、なんというかドスが利いていた。このデザインについて「ジェット戦闘機を意識した」と語っていたのは、エグゼクティブチーフエンジニアの“御大”タッジ・ジェクター氏だったか? 確かにそんな感じだ。

乗り込んでみても、運転席を囲うように配されたドアコンソールやセンタークラスター、デジタル式のインターフェイスがいかにも単座のジェット機である。ただ、案の定というかなんというか……このデザイン、助手席側の疎外感がハンパない(笑)。先代の「C7」でもその気はあったが、新型になって一気にハジけた感じだ。隣にお連れさんを乗せる御仁は、自身の魅力で車内の空気を持たせてください。

「……ま、独身の俺には関係のないことだし」と独り言ちつつ、ステアリング左奥の丸いイグニッションスイッチを押す(C7はなぜか四角かった)。ずわん! と車体を揺らす「LT2」の寝覚めに、これよ、これこれ、これなのよとマツコ・デラックスのように感動する。「ああ、C8もコルベットであった」と当たり前のことを実感しつつ、同時にそれが、後ろから伝わってきたのが新鮮だった。目と耳と、背中でミドシップを感じながら、編集部を出発する。

シボレー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型シボレー・コルベット(前編) 2021.5.31 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが、新型「シボレー・コルベット」の日本でのデリバリー開始に合わせ、日本仕様を初公開した。富士スピードウェイで行われたお披露目会の会場から、史上初となる“右ハンドルのコルベット”の姿を写真で紹介する。
  • 新型シボレー・コルベット(後編) 2021.5.31 画像・写真 いよいよ日本でもデリバリーが開始された、8代目となる新型「シボレー・コルベット」。本邦初公開となる「コルベット コンバーチブル」の詳細な姿を、富士スピードウェイで行われた披露会の様子とともに写真で紹介する。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • 第42回:あるバイパー乗りのコルベット評(後編) 2021.8.28 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして MR化にDCTの搭載、そして右ハンドルの設定と、話題に事欠かない新型「シボレー・コルベット」。すっかりモダンで国際的なスポーツカーとなったC8に、歴代コルベットの面影はあるのか? 編集部唯一のアメリカ車乗りが、実車に触れて抱いた思いを語る。
  • 新しい提案はどこに!? 新型「日産フェアレディZ」に次世代スポーツカーの資質を問う 2021.8.27 デイリーコラム いよいよ市販モデルが発表された新型「日産フェアレディZ」。3リッターV6ターボエンジンに6段MTの採用と、その中身はクルマ好きを大いに喜ばせるものだったが、同時に“物足りなさ”も感じられた。次世代のスポーツカーとして、新型Zに欠けているものとは?
ホームへ戻る