MINIジョンクーパーワークス(前編)

2021.11.14 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「MINIジョンクーパーワークス」に試乗。ハードな足まわりとパワフルなエンジンで武装した“ゴーカートフィーリング”の真打ちに、果たしてどんなジャッジを下すのだろうか。

やる時はやる!

「これは究極のエンターテイナーですね!」

MINIジョンクーパーワークスの試乗から戻った山野哲也の第一声だ。

「ひたすら“運転の楽しさ”に特化して、利便性などはあまり考えられていません。でも、やる時はやる!」

そう言って笑顔を見せる。

言うまでもなくジョンクーパーワークスは、MINIのハイパフォーマンスラインである。3ドアと「コンバーチブル」、ワゴンボディーの「クラブマン」、そして車高を上げた「クロスオーバー」がバリエーションとして用意される。

今回、山野哲也に乗ってもらったのは、3ドアのジョンクーパーワークス。車両本体価格428万円にジョンクーパーワークス専用内装(38万円)、HiFiラウドスピーカーシステム(11万円)、ヘッドアップディスプレイなどをまとめた「デジタルパッケージプラス」(4万9000円)ほかをオプション装備して、542万8000円のプライスタグが付く。

 
MINIジョンクーパーワークス(前編)の画像拡大
 
MINIジョンクーパーワークス(前編)の画像拡大
 
MINIジョンクーパーワークス(前編)の画像拡大
 
MINIジョンクーパーワークス(前編)の画像拡大
関連記事
  • 吉田由美が愛車で実感 MINI承認タイヤの重要性 2021.12.22 MINIにベストな走りをもたらすスターマーク付きタイヤ<AD> 最近MINIを購入した吉田由美さん。見た目がステキなだけでなく、意のままに操れるハンドリングにほれ込んでのチョイスなのだとか。今回MINIつくばを訪れ、その魅力的な走りを支えているスターマーク付き承認タイヤの秘密をイチから探ってもらいました。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に初のクロスオーバーモデル「C220dオールテレイン」が登場 2022.1.18 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本が「C220dオールテレイン」の販売を開始。ステーションワゴンとSUVのクロスオーバーモデルで、「Cクラス ステーションワゴン」より最低地上高を40mm高めたほか、ドライブモードセレクターには2つの悪路走行モードを追加している。
  • ホンダが新型「ステップワゴン」を初公開 2022年春に発売 2022.1.7 自動車ニュース 本田技研工業は2022年1月7日、ミニバン「ステップワゴン」の新型を同年春に発売すると発表した。標準車「AIR(エアー)」と、カスタム仕様車「SPADA(スパーダ)」の2タイプを設定している。
  • MINIクーパーSコンバーチブル(後編) 2022.1.13 谷口信輝の新車試乗 「MINIクーパーSコンバーチブル」の最新型にレーシングドライバー谷口信輝が試乗。おしゃれでスポーティーな4人乗りオープンカーの走りを、プロはどのように評価する?
  • ファンがどよめくFUNな一台 「マツダ・ロードスター990S」は買いなのか? 2022.1.17 デイリーコラム 2021年の年末の発表以来、多くのクルマ好きから注目されている「マツダ・ロードスター990S」。軽量化や足まわりのチューニングにより「さらに軽快な走りを追求した」というのだが……。ロードスター好きの、識者の印象は?
ホームへ戻る