サーフブランドとコラボした特別な「シトロエン・ベルランゴ」発売

2021.11.11 自動車ニュース webCG 編集部
シトロエン・ベルランゴ サーフエディション バイ リップカール
シトロエン・ベルランゴ サーフエディション バイ リップカール拡大

グループPSAジャパンは2021年11月11日、「シトロエン・ベルランゴ」の特別仕様車「SURF EDITION by RIP CURL(サーフエディション バイ リップカール)」を発売した。

 
サーフブランドとコラボした特別な「シトロエン・ベルランゴ」発売の画像拡大
 
サーフブランドとコラボした特別な「シトロエン・ベルランゴ」発売の画像拡大
 
サーフブランドとコラボした特別な「シトロエン・ベルランゴ」発売の画像拡大
 
サーフブランドとコラボした特別な「シトロエン・ベルランゴ」発売の画像拡大
 
サーフブランドとコラボした特別な「シトロエン・ベルランゴ」発売の画像拡大

ベルランゴ サーフエディション バイ リップカールは、シトロエンとオーストラリア発のサーフブランドであるリップカールとのコラボレーションによって生まれた特別仕様車。両ブランドのコラボは過去5年にわたり、日本市場で展開されるコラボモデルとしては、2021年5月1日に発売された「C3エアクロスSUVサーフエディション バイ リップカール」に次ぐ第2弾となる。

今回のねらいは「ベルランゴに備わっている“アドベンチャースピリット”の強化」。「目を引くディテールで個性を強め、これまで以上に自由でアクティブなライフスタイルをカスタマーに提案する」という。

ボディーカラーには、ベルランゴ初となる「グリ アルタンス」(グレーメタリック)を採用。エアバンプやフォグランプベゼルには、ゴールドを彷彿(ほうふつ)とさせる「リップカール・アルマイト・オーカー・カラー」(マットイエロー)をアクセントとしてあしらっている。前後バンパーとサイドミラー、ホイールはブラックで統一。ドアやリアクオーターガラスなど、ボディーの側面には「Rip Curl Wave」と呼ばれる波をイメージしたリップカールのブランドロゴが添えられる。

インテリアについては、助手席側インストゥルメントパネルのイエローステッチやシートバックのイエローラインが特徴。リップカールのタグネーム入り専用フロアマットも備わる。

また日本市場で扱われるベルランゴとしては初めて「グリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)」が搭載されているのもトピック。これは路面状況に合わせて出力特性やブレーキを統合制御し、悪路を含む走破性を高めるもので、5つの走行モード(ノーマル/スノー/マッド/サンド/オフ<ESC解除>)が選択可能となっている。

パワートレインは1.5リッター直4ディーゼルターボ(最高出力130PS、最大トルク300N・m)で、ハンドル位置は右のみとなる。

価格は364万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
ベルランゴ, シトロエン, 自動車ニュース