フレンチMPVの仁義なき戦い始まる! 「ルノー・カングー」と「プジョー・リフター」「シトロエン・ベルランゴ」を比較する

2019.11.27 デイリーコラム
プジョー・リフター
プジョー・リフター拡大

これまで「ルノー・カングー」の独り勝ちだった日本の欧州製MPV市場に「プジョー・リフター」&「シトロエン・ベルランゴ」という強力なライバルが送り込まれてきた。“新顔”の詳細を知るとともに、受けて立つカングーと機能や装備を比較した。

シトロエン・ベルランゴ
シトロエン・ベルランゴ拡大
「リフター」のサイドビュー。両側にスライドドアを装備する。
「リフター」のサイドビュー。両側にスライドドアを装備する。拡大
3座独立シートを採用する「ベルランゴ」の後席。カラーリングは異なるが、「リフター」の後席も同じシート形状となる。
3座独立シートを採用する「ベルランゴ」の後席。カラーリングは異なるが、「リフター」の後席も同じシート形状となる。拡大

3代目にして初の日本上陸

まずはリフターとベルランゴの車両概要を説明したいが、プジョー・リフターのシトロエン版がベルランゴであり、実質的に同じクルマである。以下は両車をひっくるめてリフターで統一して表記したい。

リフターは、プジョーが日本においてMPV(マルチ・パーパス・ビークル)というカテゴリーに初めてチャレンジするクルマだ。欧州市場では初代モデルが1996年にデビューして以来、トータルで330万台を超えるセールスを記録しているそうだ。現行モデルは3代目にあたる。

写真を見れば分かるとおり、プジョーの言う新カテゴリーMPVとはつまり、背の高いボディーにスライドドアを備えたミニバンタイプのクルマである。果たして、ミニバン大国である日本のユーザーに受け入れられるだろうか。

ボディーサイズは全長が4403mmだから、「ホンダ・フリード」より少し長い程度だが、全幅は1848mmだから同じホンダの「オデッセイ」よりもワイドだ。外観の存在感も強い。特にベルランゴは個性的で、なおかつ飽きのこないデザインに仕上げた。スライドドアは両側に備わっており、日本のユーザーにとってもなじみやすいだろう。

乗車定員は5人だが、後席は3座が独立したタイプで、ワイドな室内幅とも相まって大人5人が快適に乗車できるはずだ。後席を使った状態でも大容量の荷室が備わる。後席を畳めば車中泊もできそうだ。天井には大型マルチパノラミックルーフが備わり、ここはいかにもフランス車らしい。

エンジンは1.5リッター直4クリーンディーゼルターボで、最高出力は130PS/3750rpm、最大トルクは300N・m/1750rpm。まだ乗ったことがないので断言はできないが、動力性能の数値を見る限り、例えばマツダの1.8リッターディーゼルよりも、実用回転域における駆動力が高いようだ。トランスミッションはアイシン・エィ・ダブリュ製の8段ATを組み合わせる。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ルノー カングー ジャンボリー2019」の会場から 2019.6.4 画像・写真 2019年5月26日、「ルノー カングー ジャンボリー2019」が山梨・山中湖村の山中湖交流プラザ「きらら」で開催された。第11回となる今回は、過去最大となる1714台もの「カングー」が全国から集結。当日の模様を写真で紹介する。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • トヨタ・ヤリス プロトタイプ【試乗記】 2019.11.13 試乗記 “小さなクルマ”の既成概念を超えるべく、プラットフォームからパワートレイン、足まわりに至るまで刷新された新型「トヨタ・ヤリス」。発売前のプロトタイプ試乗会でわかった、その出来栄えは?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.14 試乗記 ルノーのモータースポーツ部門が手がけたハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」の中でも、さらに運動性能に磨きをかけた「トロフィー」が日本に導入された。より高出力なエンジンと、コーナリング性能を突き詰めた足まわりが織りなす走りを報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル2.0 Rライン マイスター(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.15 試乗記 フォルクスワーゲンのスペシャルティーモデル「ザ・ビートル」の販売終了とともに、「タイプI」に始まった80年にもおよぶ「ビートル」の歴史が幕を閉じる。最後の特別仕様車「2.0 Rライン マイスター」に乗り“20世紀のアイコン”たる存在をあらためて考えた。
ホームへ戻る