フェラーリが新たなワンオフモデル「BR20」を発表 優雅なスタイリングの12気筒モデル

2021.11.12 自動車ニュース
フェラーリBR20
フェラーリBR20拡大

伊フェラーリは2021年11月11日(現地時間)、ワンオフモデル「BR20」を発表した。

 
フェラーリが新たなワンオフモデル「BR20」を発表 優雅なスタイリングの12気筒モデルの画像拡大
 
フェラーリが新たなワンオフモデル「BR20」を発表 優雅なスタイリングの12気筒モデルの画像拡大
 
フェラーリが新たなワンオフモデル「BR20」を発表 優雅なスタイリングの12気筒モデルの画像拡大
 
フェラーリが新たなワンオフモデル「BR20」を発表 優雅なスタイリングの12気筒モデルの画像拡大

随所に往年のフェラーリのモチーフを採用

フェラーリBR20は、クライアントのオーダーに沿って製作された1台のみの完全なビスポークモデルである。「410SA」や「500スーパーファスト」など、1950~1960年代のモデルに着想を得たという意匠を特徴としている。

ベースとなるのは12気筒エンジンを搭載した「GTC4ルッソ」で、なだらかなファストバックスタイルを実現するためにリアシートを取り外して2シーター化。さらに、リアオーバーハングをベース車より3インチ(約7.6cm)延長することで、優雅なプロポーションを実現している。

また、2組のアーチを思わせるAピラーからリアスポイラーにいたるラインも、同車のデザインの特徴となっている。「フライングバットレス」をモダンにアレンジしたというリアの造形は「599GTBフィオラノ」などとの共通性も感じさせるもので、ピラーの下を通過した空気をスポイラーの下部に隠されたエアアウトレットから放出するという、空力デバイスとしての機能も持たされている。キャビンは視覚的に軽い印象とするため、ルーフをブラックでペイント。専用に製作された円筒型のテールパイプをはじめ、リアまわりも独自のデザインとなっており、またリアディフューザーの下部には可動式のフラップが設けられている。

フロントまわりでは、グリルに施されたスリットと専用設計のヘッドライトがGTC4ルッソとの大きな違いで、ランプをより低い位置にレイアウトし、またデイタイムランニングライトをスリムなデザインとすることで、ボンネットをより長く見せている。

このほかにも、クローム装飾のサイドインサートやダイヤモンド仕上げの20インチホイールなど、各所に独自の意匠を採用。フロントのホイールアーチやエアベントにつながるサイドシルはカーボンファイバー製で、フロントグリル上部にも他のフェラーリの最新ワンオフモデルとの共通性を感じさせるカーボン製のエレメントが装着されている。

一方、インテリアは濃淡2色のブラウンのレザーとカーボンファイバーでコーディネート。シート表皮には「ヘリタジ・テスタ・ディ・モロ」というダークブラウンのレザーを用いており、前面には専用のパターンとシルバーのクロスステッチを施している。乗車スペースと一体となったリアのラゲッジコンパートメントは、ベンチとデッキにカーボンファイバー製インサートを施したオークを採用。これを折りたたむと、奥行きのあるフラットな荷室空間が得られるという。

こうしたBR20の内外装デザインは、いずれもクライアントの要望を強く反映したものとなっている。フェラーリは同車を「伝統的なコーチビルダーの技の典型例」とし、「既存のモデルを優れた技術とユニークな方法で変貌させ、フェラーリの中核理念である革新と情熱をインスピレーションに、それにオマージュをささげる1台を完成させた」と説明している。

(webCG)

関連キーワード:
フェラーリ, 自動車ニュース