ボルボが「XC40」に新開発の「B3パワートレイン」を採用 14.8km/リッターの燃費を実現

2021.11.24 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2021年11月24日、コンパクトSUV「XC40」に一部改良を実施し、同日、販売を開始した。

今回の改良では、パワートレインのラインナップに2リッター直4ガソリンターボエンジンと48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた、新開発の「B3パワートレイン」を追加設定した。

この新しいパワートレインは、最高出力163PS(120kW)、最大トルク265N・m(27.0kgf・m)を発生。トランスミッションには7段DCTが組み合わされており、燃費性能は14.8km/リッターを実現している(WLTCモード)。

また、既存の「B4パワートレイン」搭載車についてもトランスミッションを7段DCTに刷新。WLTCモードで14.2km/リッターの燃費を実現した。これにより、XC40ではすべての仕様でトランスミッションが7段DCTとなった。

ラインナップについては、従来の「B4」に代えて400万円を切る新たなエントリーグレード「B3」を設定。FF車の「B4モメンタム」も、新パワートレインの「B3モメンタム」に置き換えられている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • XC40 B3:399万円
  • XC40 B3モメンタム:469万円
  • XC40 B4 AWDモメンタム:499万円
  • XC40 B4 AWD R-Design:539万円
  • XC40 B4 AWDインスクリプション:539万円
  • XC40リチャージ プラグインハイブリッドT5 AWDインスクリプション エクスプレッション:599万円
  • XC40リチャージ プラグインハイブリッドT5 AWDインスクリプション:649万円

(webCG)

ボルボXC40 B3モメンタム
ボルボXC40 B3モメンタム拡大

関連キーワード:
XC40, ボルボ, 自動車ニュース