アストンマーティンが「V12ヴァンテージ」の復活を予告 2022年に登場

2021.12.01 自動車ニュース

英アストンマーティンは2021年12月1日(現地時間)、2022年に「V12ヴァンテージ」を復活させると発表した。

V12ヴァンテージは2009年に発表された「ヴァンテージ」をベースとするハイパフォーマンスモデル。ヴァンテージのフロントミドに搭載される最高出力426PSの4.7リッターV8自然吸気エンジンは、同517PSの5.9リッターV12エンジンに置き換えられ、0-100km/h加速4.2秒、最高速度305km/hのパフォーマンスを誇った。

現在のヴァンテージは2代目にあたり、2017年に登場。AMGの手になる最高出力510PSの4リッターV8ツインターボエンジンを搭載している。

今回のV12ヴァンテージに関する詳細は発表されていないが、「このモデルは単なるリミテッドエディションではなく、ファイナルエディション」であるとアナウンスされている。

(webCG)

 
アストンマーティンが「V12ヴァンテージ」の復活を予告 2022年に登場の画像拡大

関連キーワード:
V12ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース