スバルが「インプレッサ」の一部改良モデルを発表 誕生30周年記念の特別仕様車も設定

2021.12.16 自動車ニュース
スバル・インプレッサスポーツ1.6i-S EyeSightアクセントブラック
スバル・インプレッサスポーツ1.6i-S EyeSightアクセントブラック拡大

スバルは2021年12月16日、「インプレッサ」を一部改良するとともに誕生30周年を記念した特別仕様車「1.6i-S EyeSightアクセントブラック」を設定したと発表した。

「インプレッサスポーツ1.6i-S EyeSightアクセントブラック」のインテリア。
「インプレッサスポーツ1.6i-S EyeSightアクセントブラック」のインテリア。拡大

今回は「2.0i-S EyeSight」「アドバンス」「STI Sport」にフロントシートヒーターを標準装備。インプレッサとしては初めてのファブリックシートとシートヒーターの組み合わせとなっている。このほか「1.6i-S EyeSight」にはインストゥルメントパネル各部に加飾を追加したほか、ボディーカラーではアドバンスに「ラグーンブルーパール」を、STI Sportには「クールグレーカーキ」を新規設定している。

価格はセダンの「インプレッサG4」、ハッチバックの「インプレッサスポーツ」とも200万2000円~273万9000円。STI SportはFF車が273万9000円で4WD車が295万9000円。

特別仕様車の1.6i-S EyeSightアクセントブラックは1.6i-S EyeSightにSTI Sportのスポーティーな世界観を与えているのが特徴だ。専用デザインのホイールやブラックでコーディネートしたエクステリアによって引き締まった印象に仕上げている。

  • 17インチアルミホイール(ダークメタリック塗装)
  • フロントグリル(ブラック塗装加飾付き)
  • ルーフスポイラー<インプレッサスポーツのみ>(ブラック塗装、LEDハイマウントストップランプ内蔵)
  • ルーフアンテナ(シャークフィンタイプ、ブラック塗装)
  • ブラックカラードドアミラー
  • ファブリック/トリコットシート(グレー/ブラック、シルバーステッチ)
  • メーターバイザーリング(ピアノブラック調)
  • パワーウィンドウスイッチ(ピアノブラック調加飾付き)
  • アイサイトセーフティープラス(運転支援)[スバルリアビークルディテクション(後側方警戒支援システム)]
  • アイサイトセーフティープラス(視界拡張)[フロント&サイドビューモニター]

価格はインプレッサG4、インプレッサスポーツともFF車が218万9000円で4WD車が240万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
インプレッサスポーツ, インプレッサG4, スバル, 自動車ニュース