アウディ、「A3コンセプト」を出展【ジュネーブショー2011】

2011.03.09 自動車ニュース

【ジュネーブショー2011】アウディ、「A3コンセプト」を出展

独アウディはジュネーブショーで、「アウディA3コンセプト」を発表した。どうやら次期「A3」シリーズには、セダンも設定されるらしい。

「アウディA3コンセプト」は、次期「A3」を示唆するコンセプトモデルだ。注目はこのモデルが、ノッチバックセダンで登場したこと。このことから、これまではハッチバックのみだったA3シリーズに、次期モデルではセダンバージョンが加わると推測できる。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4440×1840×1390mm。「A4セダン」と比べると、265mm短く、50mm低いが、全幅は15mm広い。ただし、この寸法が市販モデルにそのまま反映されるかどうかは不明。なお、トランクルーム容量は410リッターとひとクラス上のDセグメント車並の広さが確保されている。

コンセプトカーに搭載されるエンジンは、2.5リッター直列5気筒ターボ。このエンジンは「TT RS」や「RS3スポーツバック」と共通のユニットと思われるが、スペックは最高出力408hp、最大トルク51.0kgmと、既存の2.5TFSI(340hp、45.9kgm)より強力だ。なおトランスミッションは7段Sトロニックが組み合わされ、駆動方式は4WD。燃費は9.1リッター/100km(約11.0km/リッター)と公表される。

外観は、上辺の角がカーブした新意匠のシングルフレームグリルを採用し、さらにその素材にカーボンファイバープラスチック(CFRP)を用いるなど、新しい試みが見られる。一方、サイドデザインは、6ライトのノッチバックスタイルとされるなど、伝統的なアウディセダンの特徴を受け継いでいる。

【Movie】アウディA3コンセプト

(webCG 曽宮)

「アウディA3コンセプト」
「アウディA3コンセプト」 拡大
 
アウディ、「A3コンセプト」を出展【ジュネーブショー2011】の画像 拡大
 
アウディ、「A3コンセプト」を出展【ジュネーブショー2011】の画像 拡大
 
アウディ、「A3コンセプト」を出展【ジュネーブショー2011】の画像 拡大

関連キーワード:
A3セダン, アウディ, ジュネーブモーターショー2011, イベント, 自動車ニュース

アウディ A3セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • アウディA4 2.0 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2016.2.19 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジを受けたアウディの主力モデル「A4」に試乗。外見上はキープコンセプトながらも、新機軸を満載した新型の実力やいかに? 前輪駆動のベーシックグレード「A4 2.0 TFSI」のステアリングを握った。
ホームへ戻る