25.2km/リッターの低燃費を実現 「ルノー・ルーテシア」のハイブリッドモデル発売

2022.06.30 自動車ニュース
ルノー・ルーテシアE-TECHハイブリッド
ルノー・ルーテシアE-TECHハイブリッド拡大

ルノー・ジャポンは2022年6月30日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にハイブリッドモデル「E-TECHハイブリッド」を追加設定し、販売を開始した。

 
25.2km/リッターの低燃費を実現 「ルノー・ルーテシア」のハイブリッドモデル発売の画像拡大
 
25.2km/リッターの低燃費を実現 「ルノー・ルーテシア」のハイブリッドモデル発売の画像拡大
 
25.2km/リッターの低燃費を実現 「ルノー・ルーテシア」のハイブリッドモデル発売の画像拡大
 
25.2km/リッターの低燃費を実現 「ルノー・ルーテシア」のハイブリッドモデル発売の画像拡大
 
25.2km/リッターの低燃費を実現 「ルノー・ルーテシア」のハイブリッドモデル発売の画像拡大

輸入車トップの低燃費を実現

車名にもなっているE-TECHハイブリッドは、F1で培ったノウハウを活用したとうたわれる、ルノーが独自に開発したハイブリッドシステムだ。ルーテシアの場合は最高出力91PS/最大トルク144N・mの1.6リッター直4自然吸気エンジンと同49PS/同205N・mの駆動用モーター、同20PS/同50N・mのスターター兼ジェネレーターと、これらを結ぶ「電子制御ドグクラッチマルチモードAT」、さらには容量1.2kWhのリチウムイオンバッテリーで構成される。

電子制御ドグクラッチマルチモードATは一般的なクラッチやシンクロ機構を省略し、軽量化と小型化を図ったギアボックスだ。エンジン側に4つ、モーター側に2つのギアを持ち、これらの組み合わせによってモーターとエンジンのそれぞれから動力を切れ目なく効率的に引き出せるとされている。発進はモーターが担当し、中速域ではモーターとエンジンを効率的に組み合わせて走行。高速巡行時には主にエンジンで走行し、追い越し時などにはモーターのアシストによって力強い加速を得られるようにしている。WLTCモードの燃費値は輸入車トップ(ルノー・ジャポン調べ)をうたう25.2km/リッター。

また、E-TECHハイブリッドの専用装備としてレーンキープアシスト機能を搭載。シフトセレクターの基部とリアゲートに「E-TECH」バッジが備わるほか、シャークフィンアンテナも採用している。

価格は329万円。レザーシート+前席シートヒーターのパッケージオプション「レザーパック」装着車も設定されており、そちらは344万円となっている。

(webCG)

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース